ホテルウェブサイトのコンバージョン率に関する真実

ホームページ FASTBOOKING News ホテルウェブサイトのコンバージョン率に関する真実

ホテルウェブサイトの平均コンバージョン率は2.2%、上位20%のホテルでは5.6%、下位20%では0.3%となっています。この平均値は自らのホテルのベンチマーク時には実用的かもしれませんが、個別に使うのはほぼ不可能でしょう。

 

ホテルウェブサイトのコンバージョン率は、非常に多くの要素により決定されるため、業界平均にとどきたいという欲求に惑わされるべきではありません。むしろ、コンバージョン率の構成要素を理解し、各ポイントを改善すべく尽力しなくてはなりません。

ホテルのディストリビューションとテクノロジーのフルサービス企業として、FASTBOOKINGは、何千ものホテルウェブサイトデータにアクセス可能です。優れたコンバージョン率とは何なのか頻繁に質問を受けるため、世界中の大都市、小都市、ビーチリゾート、そしてビジネス地区に散らばる何百ものホテルから得たデータへのディープダイブを実施しました。広範なデータをまとめるため、チェーンホテル、ホテルグループ、個別ホテルについて検討しました。

そのようなすべての調査と、弊社の専門家とクライアントアドバイザーとの検討及び共同作業から、ホテルウェブサイトのコンバージョン率の成否を決める要素の概要と、ホテル経営者が講じることのできる対応策をまとめました。これには、懸念に値すべき点とそうでない点についてのコツも何点か含まれています。

Fastbooking-ConversionRates-Animated

ホテルのウェブサイトにとって優れたコンバージョン率とは何なのでしょうか?

非常に頻繁に受ける質問ですが、答えるのは、予想よりはるかに難しいかもしれません。そもそも、「コンバージョン」という用語の定義は何でしょうか。Googleによると、コンバージョンは、ウェブサイトのビジター(またはアプリユーザー)が「ゴール」と定義される「アクション」を起こしたときに生じるものです。

ここで次に、「それがホテル業界にとって何を意味するのか」という論理的な疑問が生じます。ホスピタリティ業界では、「コンバージョン率」という一般用語は、ウェブサイトセッション数と予約完了数の比率を意味します。

ホテルウェブサイトのコンバージョン率を測定し正確な比較を行うため、弊社では、コンバージョン率を、同期間におけるウェブサイトのセッション総数に対して入れられた予約数と定義しました。

コンバージョン率の例:

tableau 1 EN

また弊社では、ラストクリックアトリビューションモデルのみを使用してデータを表示することにしました。ご存知かもしれませんが、本モデルの限界として、コンバージョンの貢献度の100%がユーザーとの最後の接点に割り当てられるため、予約の全行程を通じたインターアクションとブランドエンゲージメントの測定がマーケターにとって困難になることが挙げられます。その一方、コンバージョンのアトリビューションが(とりわけGoogleが5月にアトリビューション360の無料簡易版を導入以降)我々の業界で最もホットな話題であるにもかかわらず、ユーザーとブランドの最後のインタラクションに基づくコンバージョンの計算が一般的に行われています。おそらく、皆様または皆様のウェブ代理店も本モデルを使用しているでしょう。ですから、便宜上、また、皆様がご自身の数字と比較しやすい数字を提供するため、その本質的制限に関わらず、ラストクリックアトリビューションモデルを使用することにしました。

また、キャンセルは一切考慮しないことにしました。
Mirai Study
, によると、ホテルの公式ウェブサイトの平均キャンセル率は19%です。つまり、コンバージョン率計算の際に考慮しうる変数です。では、なぜキャンセルを切り捨てることにしたのでしょうか?通常、キャンセルは滞在日が近づいてから生じるため、今月のコンバージョン率(まだキャンセルが生じていない状態)を昨年の同月のコンバージョン率(遡及的にキャンセルを取り除いた状態)と比較すると、改善したという誤った感覚を与えてしまうことが理由です。
前述の例をもう一度見てみましょう:

tableau 1 EN

これが、2017年11月の皆様のウェブサイトのコンバージョン率だと仮定してください。より分かりやすくするため、これらが12月から1月の滞在の予約だとしましょう。
この2か月間で、27件の予約がキャンセルされます。そこで上記の例を今一度見てみると、当初の144件の予約が実際は117件になり、コンバージョン率が2.2%から1.78%に落ちることが分かります。ところが、今月について、データを遡及的に分析できないため、コンバージョン率計算時にキャンセルを切り捨てないと、常に前年より優れた結果が(実際はそうでなかったとしても)出てしまうことになります。

使用した手法に関する最後の注記として、冒頭で述べたとおり、コンバージョン計算に際しては、大局的に物事を捉え、全体像を理解することが重要です。より大きな客室を備えたホテルは通常、客室だけでなく、会議設備、飲食サービスおよびウェルネストリートメントも販売しているため、よりトラフィックが多く、従ってコンバージョンが低い傾向があります。これらの付帯サービスはすべて、ウェブサイトに多くのトラフィックを惹きつけますが、客室予約にコンバージョンする可能性が低いローカルトラフィックが主となっています。会議要請、ディナー予約およびマッサージ予約は、実際にはコンバージョンではありますが、本研究では、客室取引のみに焦点を当てています。ですから、もしホテルで客室以外のサービスも販売している場合、Googleアナリティクスで、会議&イベント、レストランおよびスパのページのセッションを除外することでトラフィックをセグメントし、データセットからこれらのユーザーを除いた残りのトラフィックに基づきコンバージョン率を再計算することを推奨します。

 

トラフィックソース別コンバージョン率

コンバージョン率に関しては、多くの変数が役割を果たしていますが、その一つがトラフィックの質です。原則として、トラフィックがより適切であるほど、コンバージョン率は高くなります。

この点に留意すれば、Google Hotel Adsが4.17%、Facebookディスプレイが3.21%、TripAdvisorメタ検索のPPC広告が2.34%と、ターゲット広告キャンペーンが最高のコンバージョン率を出すことは当然です。

Google AdWordsは、ホテルのブランド名の保護を目的に使用されていたとき、そのコンバージョン率は「たったの」2.05%でしたが、今日の市場の状況に当てはめると、このデータは全くの驚きではありません。

2014年、Google Hotel Adsのシニア・プログラム・マネージャーであったGoogleのトム・マルダーズは、「Googleは、場合によってはAdWordsとオーガニック検索結果画面(SERP)を犠牲にして、徐々により多くのトラフィックをGoogle Hotel Adsに移行していくと予想される」と公言しましたCTRひいてはコンバージョンにおいて視認性が果たす大きな役割を考慮すれば、Googleが、ゆっくりとはいえ確実にオーガニック検索結果とAdWordsをメタサーチの下に移動させている中で、検索エンジン広告のコンバージョン減を目にするのは当たり前です。

リターゲティングのコンバージョン率は2.19%と非常に良い傾向があり、ディスプレイ広告のプレターゲティングの平均コンバージョン(0.92%)の倍を超えています。ウェブサイトを訪れたユーザーがホテルに前向きな関心を示し、予約行程のファネルではるか先に位置しているのですから、これは当然です。これらの場合、リターゲティングからの小さな追加の一押しをすれば、コンバージョン率を引き上げられる可能性があります。

広告は別として、直接トラフィックは明らかに、コンバージョン率2.20%を有する最も適格なソースであり、Google Hotel Ads、FacebookディスプレイおよびTripAdvisorメタサーチ広告のすぐ後に続いています。

一方で、オーガニック検索の成果はコンバージョン率1.55%と平均的です。これは、AdWordsのトラフィックがより低いのと同じ理由に一部起因しており、また、オーガニック検索が「ロンドンのスパ」等の「ロングテール」トラフィックまたはルームナイツにコンバートしないその他トラフィックも含んでいることにも一部起因しています。

興味深いのは、従来素晴らしいトラフィックソースであるもののROI面では常に満足できるとは限らないTrivagoでさえ、オーガニック検索よりわずかに優れたコンバージョン率を有することです。

コンバージョン率の下位には位置するのは、当然ブログです。そのコンバージョン率は0.20%(データを文脈の中でとらえるとすれば、ブログコンバージョンはGoogle Hotel Adsのコンバージョンの20分の1です。)であり、一般的にブログとインフルエンスマーケティングが、まだ旅行計画の早期にいる旅行者の、「遠くに行きたい」というわずか一瞬の思いに対して影響を与える傾向にあること示しています。このトラフィックが重要でないという意味ではなく、ホテルのブランド認知の一部を構成する要素です。ただ、コンバージョンファネルの非常に早期の段階の話であることから、とりわけラストクリックモデルにおいては、あまり認識されないのです。

 

重要ポイント

SEA、オーガニック/ダイレクト検索結果およびリファーラル(ブログ)の平均コンバージョン率がゆっくりと下降している一方、メタサーチキャンペーンおよびFacebook広告のコンバージョンが最も優れている傾向があります。広告予算の一部を、古典的な検索エンジン広告からメタサーチとソーシャル広告に移行することは、ホテルのROIを向上させる良い手法かもしれません。

 

デバイス別コンバージョン率

ウェブ解析会社StatCounterによると、西洋諸国において、2016年10月、モバイル端末でのインターネット利用率がデスクトップでのインターネット利用率を世界で初めて超えました。

残念ながら、欧米からの旅行者のコンバージョン率は、この流れに続きませんでした。これは、ホテル予約が通常「衝動買い」ではなく、計画に長く時間がかかり、複数のタッチポイントを経由し、十分に価格を比較した上で行われることを考えると、意外なことではありません。

ところが、モバイル端末が予約時の主要端末として使用されることが多いアジアでは、傾向がかなり異なります。はるかに高度な決済システムを持ち、モバイル・ファーストのトレンドを牽引した日本と中国では、大多数の西洋諸国より一般的にモバイル上でのコンバージョンが生じています。

Googleによると、実際の予約に至るまでの旅行の予約行程には、ほぼ2か月かかり、旅行者はその間に8つの旅行ウェブサイトを閲覧し、当然のごとく、複数の端末を使用しています。

モバイル端末上でのナビゲーションは、デスクトップ端末のそ料金は非常に異なります。ユーザーは、デスクトップではアクションとその完了により集中する傾向にありますが、モバイルでは、テレビ視聴中や電車乗車中などの細切れの時間で料金、写真および情報の確認を行います。

このような細切れ時間は、とりわけホテル滞在のような大きな額の購入に充てられることがないため、コンバージョンへの悪影響になっています。

また、支払方法というより技術的な課題も存在します。例えば、ホテル予約行程における容易かつ標準的な支払方法の欠落です。iPhoneを一方の手に、クレジットカードをもう一方の手に持つのは、とりわけ画面が小さい場合、ユーザーにとってストレスになり得ます。それに加え、ウェブサイトが応答しないことも、コンバージョン率に大きな悪影響を及ぼしかねません。

2017年のモバイルトラフィック量が50%、かつ毎年10%超の成長だったにも関わらず、モバイルコンバージョンが前年から0.2%増のわずか0.8%だった説明は、これでつきます。

大局的に物事を見ると、デスクトップのコンバージョン率は6倍高く、2017年は4.5%で2016年は4.1%でした。タブレットのコンバージョン率は、デスクトップとモバイル端末の中間に位置し、2017年は2%で2016年は1.8%でした。

奇妙なことに、ホテルが新たにモバイルウェブサイトを追加した際にコンバージョン率が落ちたように見える場合があります。これは、高度に最適化されたモバイルウェブサイトができると、ウェブサイトのランキングが上がり、モバイル端末から新たなトラフィックを獲得する傾向にあるものの、デスクトップほどコンバージョンしないため、コンバージョン率減のような感覚を与えることが理由です。

 

重要ポイント

ホテルの皆様には、トラフィック増のために高度に最適化されたホテルウェブサイトを作成すること、ゲストがその他チャネル経由で予約を取れるようゲストへの接触には他の方法(ゲストとインタラクトできるチャットやコールバックシステム等)を使用すること、ならびに、モバイル決済システムに対応できるプロバイダーを使うことを推奨します。

 

ロケーション別コンバージョン率

不動産およびホテルについては、1920年代以降、ロケーションの重要性が強調されてきました。コンバージョン率の研究がこの重要な変数を無視できない理由はそこにあります。弊社では、ホテル群を、首都、主要都市および季節性旅行地という3つの主要なカテゴリに分類しました。

すると、かなり明らかな結果が出ました。首都に所在するホテルの平均コンバージョン率が2.56%と、主要都市の2.35%と季節性旅行地の1.78%を上回ったのです。

これは、旅行地にとって完全に悪いニュースというわけではありません。なぜなら、ここで強調すべき重要な点として、首都および主要都市のホテルがホテル公式ウェブサイトおよびOTAを経由して最終的な宿泊客に直接客室を販売する傾向があるのに対し、季節性の高いホテルおよびリゾートは、第三者に間接的にホテルを販売する仲介業者(ツアーオペレーター、卸売販売業者、旅行代理店、GDS等)に、より依存していることがあるからです。

 

ADRおよび料金戦略別コンバージョン率

コンバージョン率に大きく影響を及ぼして当然の別の要素は、平均ホテル価格です。弊社で分析したデータセットのうち、デイリー料金が1泊150ユーロ未満のホテルのコンバージョン率は2.74%で、1泊900ユーロ以上で販売しているホテルのコンバージョン率1.35%の2倍となっています。

もちろん、より低価格のホテル、モーテルまたはB&Bの予約は、豪華な旅行を計画するよりも簡単な行動であるため、高級ホテルは、低価格帯ホテルよりはるかに高い平均予約価格をもってしても、純粋なコンバージョン率という観点からは不利です。

ADR変数の場合、弊社が分析したデータは、明確な下降曲線を描きました。コンバージョン率は、ADRが150~300ユーロのホテルでは2.41%、300~600ユーロのホテルでは2.28%、600~900ユーロのホテルでは1.85%でした。

これについては、高級ホテルのセッション数もまた多い傾向にあるが、そのようなセッションはしばしばホテルへの興味本位で行われていることなど、より多くの要素が作用しています。記事やソーシャルメディアでの言及によってウェブサイトセッション数が上がることも頻繁にあります。

いずれにせよ、ADR変数は、価格に関する唯一のコンバージョン変数ではありません。実際、ホテルの公式ウェブサイトでより良い料金を提示すると、コンバージョンを最大67%引き上げることが可能である一方、OTAその他販売チャネル上で割引価格を提示すると、コンバージョンを77%落とすことさえあります。

 

 

重要ポイント

返金不可能料金は、フレキシブルな料金と比較してコンバージョンが3分の1であるため、潜在的な滞在客には返金可能料金を提供するようにしましょう。結論として、ADRがより低くパリティ料金を切るホテルは、コンバージョン率が最も良い傾向にある一方、料金パリティの契約条項を遵守している、より高額のホテルは、コンバージョン率については標準以下である可能性が高いでしょう。

 

予約ファネルの分類

ホテルウェブサイトでの予約ファネルの発生について分析するため、100人が平均的なホテルウェブサイトを閲覧していた場合に導かれる結果という観点から、平均を算出しました。

どのように行程が進むかを解説するため、様々な手順について説明するようにしました。

  • • ウェブサイトを訪問する100人のうち、約42人が料金または空室状況を確認するためにクリックします。ホテルへの関心はあるものの、未回答の変数が多すぎるため、相当数が離脱します。
  • • ホテルに関心のある42人のビジターのうち、9人が自らのニーズに料金と空室状況が適合すると認識し、予約プロセスの次の段階に進みます。ただし、まだ予約を完了しなくてはならない状態です。
  • • 残る9人のビジターのうち、7.5人がクレジットカードと個人情報ページまでクリックします。何人かは、予約のために別のチャネルに戻ります。これは、支払データと個人情報が当該チャネルに保存済みだからです。何人かは、隠れたコストがないことを確認するために、クリックを続けます。
  • • 2.2人が予約を完了します。

 

ユーザーエクスペリエンスとそのコンバージョンへの影響

ホテルの公式ウェブサイトに適格ユーザーを引き寄せることの重要性は言うまでもありませんが、設計が悪くユーザーにストレスを与えるウェブサイトはコンバージョン率を劇的に下げかねないため、これらのユーザーに対して適切なランディングページを提供することは、さらに重要です。

では、どうすれば、公式ウェブサイトでユーザーを滞在客に変換させられるのでしょうか?弊社では数か月前、ホテルにとって適切な販売ソリューションの選び方についてのガイドとインフォグラフィックを作成しました。そのうちの1段落はすべて、ウェブ設計のベストプラクティスに割かれていますので、この話題について理解を深めるため、ご一読いただくと良いかもしれません。

ホテルのウェブ設計に関しては、守るべき基本的なルールがいくつか存在します。そのうち最も重要なのが、証明された業界知識を有するウェブ代理店を選ぶことです。

旅行者の多くが、客室、料金、そしてロケーションという3つの疑問に対する回答をホテルウェブサイトに求めています。そのため、可能な限り早く、これらの疑問に対する明確な回答を提供することが重要です。ホスピタリティ業界に特化した代理店は、平均的なユーザーが旅行サイトでどのように行動するかを理解しており、これらの行動パターンに基づきウェブサイトを設計します。

例えば弊社は度々、クライアント何社かのコンバージョン率を、そのホテルのウェブサイト設計をアップグレードするだけで、倍に引き上げてきました。プロによる高解像の写真を備えた、摩擦のない設計のウェブサイトは、情緒的な影響をユーザーに与えるため、コンバージョンに劇的な影響を与えることができます。

Saatchi and SaatchiのCEOケヴィン・ロバーツ氏はかつて、「理由が結論を導き、感情が行動を導く」と述べました。また、冒頭に記したとおり、コンバージョンとは、ウェブサイト上でのユーザーの特定の行動以外の何物でもありません。ですから、客室販売の際に、感情の持つ力を侮らないようにしましょう。
別の重要なコンバージョン変数は、ウェブサイトの読み込み時間です。
Akamai research、ページ応答が1秒遅れると、コンバージョンの7%減を生じさせかねないことを示しています。ですから、世界中の実質的にすべてのユーザーに迅速なページ読み込みを提供するため、ホテルウェブサイトが適切なサーバー上でホストされ、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)を使用しているようにしてください。

インターネット利用に関し、いかにモバイルがデスクトップに取って代わったかについては前述のとおりですので、コンバージョン率について、ウェブサイト応答性もまた重要な要素であることは理解に難くないでしょう。

これらをすべて念頭に入れると、どのウェブサイトであっても、随時微調整が必要です。ウェブサイト上で摩擦のないユーザーエクスペリエンスを確実に提供するためには、ウェブサイトの直帰率と離脱率を頻繁に分析し、異なるロケーションからページ読み込み時間を試験し、かつ、ユーザーがウェブサイトをどのように使用しているかを本当に深く理解したい場合は、ヒートマップトラッキングシステムをインストールしましょう。

コンバージョン支援ツール:ウィジェット

上記の点がすべて最適化されたとしても、改善の余地は残ります。事実、皆様の具体的なニーズに応じて選ばれた第三者ウィジェットは、コンバージョン率を本当に引き上げることがあります。例えば、弊社データによると、価格比較ツール(ホテルウェブサイトの価格とリアルタイムのOTA価格を表示するウィジェット)は、コンバージョンを平均30%改善しますが、もしホテルがOTA料金パリティ契約条項を遵守している場合、この種の導入は、最善の方法とはなり得ません。同じことがレビューウィジェットにも言えます。ホテルウェブサイトまたは予約エンジンに何らかのレビューウィジェットを組み込むと、コンバージョンを最大15%まで引き上げることが可能であるものの、ホテルの評判がまったく傷ついてない場合以外は、やぶへびになりかねません。一方、ライブチャット(人間かボットかに関わらず)は、常に安全な選択肢です。ホテルの料金やTripAdvisor上でのランキングに関係なく、コンバージョンが平均15%改善します。ウィジェットは、独立系ホテルにはとりわけ素晴らしいチャンスを与えます。ゼロからの技術開発なしに組み込むことが可能(通常、ウェブサイトにコードを数行追加する必要があるだけです。)で、比較的安価だからです。高品質のツールを提供している会社は何社かありますが、その1つがTripTeaseです。最近になって幅広い商品の提供を開始しましたが、同社は主に、Hotel Direct Boosterという最先端の価格比較ウィジェットで知られています。本ウィジェットは、回答にかかる平均時間はわずか30秒で、TrustYouのセマンティック技術で何十億データを処理する、素晴らしい設計のライブチャットシステムを提供しています。読みやすい集合レビュースコアを提供することで、旅行者に彼らが求めているすべての重要な情報を提供しています。

結論

明らかにお気づきとは思いますが、ホテルウェブサイトのコンバージョン率に影響する要素は多数存在します。その中には、料金やレビュー等、ホテル側がコントロール可能なものもあれば、ロケーションや空室状況等、コントロール不可能なものもあります。

コンバージョン改善に最も重要な要素は、以下の3点です。

  • 料金:競争力のある料金を持ち、ホテルウェブサイトでの直接予約について旅行者により良い料金を提供することが、コンバージョン率を上げる最も効果的な唯一の方法です。
  • 信頼:良いレビューを受けていることが、コンバージョン率に影響を与えます。ニューヨーク大学のアカデミック・チェア兼臨床准教授であるドナ・クアドリ=フェリッティ氏による最近の研究は、旅行者が、同料金を提示された場合、レビュースコアがより高いホテルを予約する可能性はほぼ4倍であることを示しています。
  • サービス:よりフレキシブルな料金その他メリットといった、より良いサービスを提供可能であると示すことが、コンバージョンを促します。それが、そのホテルでしか提供されていない、独自のサービスであればなおさらです。

コンバージョン率のみに注目していると、セッション数とそこから生み出される収益といった全体像を見落としかねません。ウェブサイトの効率性の測定には、ウェブサイトセッション、コンバージョン率および収益が複合的に絡んでいます。ホテルは、これら3つの要素のバランスを取り、収益性の最終的なメリットを達成しなくてはなりません。これが、収益達成のために費やされるリソースという第4の要素につながります。

 

インフォグラフィックをダウンロード:

Fastbooking-ConversionRates-Animated

上の公開: January 16, 2018
著者:
CHIEF MARKETING & DIGITAL SERVICES OFFICER | From the beginning, alongside the founders, Jean-Louis Boss has been a key player in FASTBOOKING’s development, especially its digital business. A marketing specialist, Jean-Louis took charge of overseeing statistical analyses at the Yves Rocher Group, where he rose rapidly up the ranks and became the Director of International Development. His experience with internationally renowned brands enables Jean-Louis to bring to FASTBOOKING real client expertise in terms of positioning and online sales development.

まだコメントはありません

Newsfeed

0   0  

Dernières inscriptions pour le webinar x "Comment protéger votre marque face aux ?" > Je…

1   0  

Live from > it's wrap up time! Thanks to all the hoteliers who attended! See you on the next editi…

4   2  

Live from > Sher Khan from > "Who among you hoteliers are on "

BlogPost1

ホテルウェブサイトのコンバージョン率に関する真実

Published

ホテルウェブサイトの平均コンバージョン率は2.2%、上位20%のホテルでは5.6%、下位20%では0.3%となっています。この平均値は自らのホテルのベンチマーク時には実用的かもしれませんが、個別に使うのはほぼ不可能でしょう。   ホテルウェブサイトのコンバージョン率は、非常に多くの要素により決定されるため、業界平均にとどきたいという欲求に惑わされるべきではありません。むしろ、コンバージョン率の構成要素を理解し、各ポイントを改善すべく尽力しなくてはなりません。 ホテルのディストリビューションとテクノロジーのフルサービス企業として、FASTBOOKINGは、何千ものホテルウェブサイトデータにアクセス可能です。優れたコンバージョン率とは何なのか頻繁に質問を受けるため、世界中の大都市、小都市、ビーチリゾート、そしてビジネス地区に散らばる何百ものホテルから得たデータへのディープダイブを実施しました。広範なデータをまとめるため、チェーンホテル、ホテルグループ、個別ホテルについて検討しました。 そのようなすべての調査と、弊社の専門家とクライアントアドバイザーとの検討及び共同作業から、ホテルウェブサイトのコンバージョン率の成否を決める要素の概要と、ホテル経営者が講じることのできる対応策をまとめました。これには、懸念に値すべき点とそうでない点についてのコツも何点か含まれています。 ホテルのウェブサイトにとって優れたコンバージョン率とは何なのでしょうか? 非常に頻繁に受ける質問ですが、答えるのは、予想よりはるかに難しいかもしれません。そもそも、「コンバージョン」という用語の定義は何でしょうか。Googleによると、コンバージョンは、ウェブサイトのビジター(またはアプリユーザー)が「ゴール」と定義される「アクション」を起こしたときに生じるものです。 ここで次に、「それがホテル業界にとって何を意味するのか」という論理的な疑問が生じます。ホスピタリティ業界では、「コンバージョン率」という一般用語は、ウェブサイトセッション数と予約完了数の比率を意味します。 ホテルウェブサイトのコンバージョン率を測定し正確な比較を行うため、弊社では、コンバージョン率を、同期間におけるウェブサイトのセッション総数に対して入れられた予約数と定義しました。… + 詳細はこちら

ホテルウェブサイトの平均コンバージョン率は2.2%、上位20%のホテルでは5.6%、下位20%では0.3%となっています。この平均値は自らのホテルのベンチマーク時には実用的かもしれませんが、個別に使うのはほぼ不可能でしょう。   ホテルウェブサイトのコンバージョン率は、非常に多くの要素により決定されるため、業界平均にとどきたいという欲求に惑わされるべきではありません。むしろ、コンバージョン率の構成要素を理解し、各ポイントを改善すべく尽力しなくてはなりません。 ホテルのディストリビューションとテクノロジーのフルサービス企業として、FASTBOOKINGは、何千ものホテルウェブサイトデータにアクセス可能です。優れたコンバージョン率とは何なのか頻繁に質問を受けるため、世界中の大都市、小都市、ビーチリゾート、そしてビジネス地区に散らばる何百ものホテルから得たデータへのディープダイブを実施しました。広範なデータをまとめるため、チェーンホテル、ホテルグループ、個別ホテルについて検討しました。 そのようなすべての調査と、弊社の専門家とクライアントアドバイザーとの検討及び共同作業から、ホテルウェブサイトのコンバージョン率の成否を決める要素の概要と、ホテル経営者が講じることのできる対応策をまとめました。これには、懸念に値すべき点とそうでない点についてのコツも何点か含まれています。 ホテルのウェブサイトにとって優れたコンバージョン率とは何なのでしょうか? 非常に頻繁に受ける質問ですが、答えるのは、予想よりはるかに難しいかもしれません。そもそも、「コンバージョン」という用語の定義は何でしょうか。Googleによると、コンバージョンは、ウェブサイトのビジター(またはアプリユーザー)が「ゴール」と定義される「アクション」を起こしたときに生じるものです。 ここで次に、「それがホテル業界にとって何を意味するのか」という論理的な疑問が生じます。ホスピタリティ業界では、「コンバージョン率」という一般用語は、ウェブサイトセッション数と予約完了数の比率を意味します。 ホテルウェブサイトのコンバージョン率を測定し正確な比較を行うため、弊社では、コンバージョン率を、同期間におけるウェブサイトのセッション総数に対して入れられた予約数と定義しました。 コンバージョン率の例: また弊社では、ラストクリックアトリビューションモデルのみを使用してデータを表示することにしました。ご存知かもしれませんが、本モデルの限界として、コンバージョンの貢献度の100%がユーザーとの最後の接点に割り当てられるため、予約の全行程を通じたインターアクションとブランドエンゲージメントの測定がマーケターにとって困難になることが挙げられます。その一方、コンバージョンのアトリビューションが(とりわけGoogleが5月にアトリビューション360の無料簡易版を導入以降)我々の業界で最もホットな話題であるにもかかわらず、ユーザーとブランドの最後のインタラクションに基づくコンバージョンの計算が一般的に行われています。おそらく、皆様または皆様のウェブ代理店も本モデルを使用しているでしょう。ですから、便宜上、また、皆様がご自身の数字と比較しやすい数字を提供するため、その本質的制限に関わらず、ラストクリックアトリビューションモデルを使用することにしました。 また、キャンセルは一切考慮しないことにしました。 Mirai Study , によると、ホテルの公式ウェブサイトの平均キャンセル率は19%です。つまり、コンバージョン率計算の際に考慮しうる変数です。では、なぜキャンセルを切り捨てることにしたのでしょうか?通常、キャンセルは滞在日が近づいてから生じるため、今月のコンバージョン率(まだキャンセルが生じていない状態)を昨年の同月のコンバージョン率(遡及的にキャンセルを取り除いた状態)と比較すると、改善したという誤った感覚を与えてしまうことが理由です。 前述の例をもう一度見てみましょう: これが、2017年11月の皆様のウェブサイトのコンバージョン率だと仮定してください。より分かりやすくするため、これらが12月から1月の滞在の予約だとしましょう。 この2か月間で、27件の予約がキャンセルされます。そこで上記の例を今一度見てみると、当初の144件の予約が実際は117件になり、コンバージョン率が2.2%から1.78%に落ちることが分かります。ところが、今月について、データを遡及的に分析できないため、コンバージョン率計算時にキャンセルを切り捨てないと、常に前年より優れた結果が(実際はそうでなかったとしても)出てしまうことになります。 使用した手法に関する最後の注記として、冒頭で述べたとおり、コンバージョン計算に際しては、大局的に物事を捉え、全体像を理解することが重要です。より大きな客室を備えたホテルは通常、客室だけでなく、会議設備、飲食サービスおよびウェルネストリートメントも販売しているため、よりトラフィックが多く、従ってコンバージョンが低い傾向があります。これらの付帯サービスはすべて、ウェブサイトに多くのトラフィックを惹きつけますが、客室予約にコンバージョンする可能性が低いローカルトラフィックが主となっています。会議要請、ディナー予約およびマッサージ予約は、実際にはコンバージョンではありますが、本研究では、客室取引のみに焦点を当てています。ですから、もしホテルで客室以外のサービスも販売している場合、Googleアナリティクスで、会議&イベント、レストランおよびスパのページのセッションを除外することでトラフィックをセグメントし、データセットからこれらのユーザーを除いた残りのトラフィックに基づきコンバージョン率を再計算することを推奨します。   トラフィックソース別コンバージョン率 コンバージョン率に関しては、多くの変数が役割を果たしていますが、その一つがトラフィックの質です。原則として、トラフィックがより適切であるほど、コンバージョン率は高くなります。 この点に留意すれば、Google Hotel Adsが4.17%、Facebookディスプレイが3.21%、TripAdvisorメタ検索のPPC広告が2.34%と、ターゲット広告キャンペーンが最高のコンバージョン率を出すことは当然です。

digital tips social media

ソーシャルメディアでホテルを紹介しましょう

Published

今日、30億もの人々もがソーシャルメディアを利用しています。 ソーシャルメディアは、新規顧客のエンゲージメントからSEOの検索順位の向上まで、旅行客のリサーチと予約行程においてホテルの販売を促進し、ビジビリティーを向上する素晴らしいツールです。 さらに、モバイルトレンドによりソーシャルメディアはそのパワーを増し、消費者の旅行検索や予約方法を変えています。 では、ホテルはどのようにソーシャルメディアを活用できるでしょうか?以下の記事をお読みください。   どのソーシャルメディアを選ぶべきでしょうか? ソーシャルメディアのチャネルが増え続けている今日、ユーザーが「本来の意味を見失う」のは、いとも簡単です。 以下は、すべてのホテルが検討すべき、B2C向けのソーシャルメディアの上位3位です。 >2017年第3四半期のアクティブユーザー数が20.7億人超*と、1年で16%*の成長を遂げているFacebookから、私たちは逃れることができません。とりわけ、Facebookユーザーの最大の関心事は、外出、飲食、ファッションを抑え、旅行が第一位となっています。ミレニアル世代の87%**が旅行のインスピレーションを求めてFacebookを使用していることを鑑みると、いかなるホテルも、ビジビリティー向上のためにページを作成すべきです。 >ビジュアルコンテンツ(ホテルについて伝えるには最も効果が高い方法の1つであることは間違いありません)に基づくInstagramを使用すれば、ホテルのブランド認知を向上できます。感情に訴えかける写真とビデオがあれば、旅行客が皆様のホテルを予約する可能性が高くなります。「Instagramユーザーの70%が、Instagram上での広告を目にした後、ウェブサイト訪問等何らかのアクションを取っています。」** >3つ目の鍵となるプレーヤーはTwitterです。「Twitterユーザーの66%**が、新たな中小企業をTwitter上で発見したことがあります。それら中小企業から94%**が購入予定で、69%が購入済みとなっています。」Twitterユーザーの30%を構成するアメリカ人に続く上位3位は、日本人、メキシコ人、そしてブラジル人です。毎秒投稿される膨大なツイートの中で一歩秀でるには、キャッチ-かつシェアされやすいツイートを投稿することが必要不可欠です。 リーチしたい顧客と市場により、その他プラットフォームを検討したほうが良いこともあります。例えば、中国市場であれば、大手のWeChatがあげられるでしょう。 また、リソースと予算に応じて、YouTube、SnapChat、PinterestまたはLinkedInのようなその他ソーシャルメディアも積極的に活用しましょう。   どのようなコンテンツを使えるのでしょうか? フォロワーにどのような情報を伝えるべきか迷ったら、旅行者の立場になって、自分だったらどのようなコンテンツを見たいか考えてみましょう。ここで、いくつかのアイディアをご紹介します。 インターネットで最も好まれるコンテンツは、ビデオのアップロードです!例えば、ホテルで開催中のイベントのライブストリーミングをしたり、GIFを作成することができます。 お客様がホテルでの滞在やサービス(スパ、レストラン等)を満喫している瞬間や場面をとらえている、「ライフスタイル」を表す写真を投稿してみましょう。 ホテル所在地のコンテンツや滞在のヒント(旅行者の執筆した記事、ブログ、タイムアウト誌等)をシェアしましょう。 コツ:ユーザーが作成したコンテンツを活用しましょう。無料ですし、検索する必要がありません! エンゲージメントを生み出すにはどうすれば良いでしょうか? ソーシャルメディアで目立つための戦略をいくつかご紹介します。 > Less is more! 簡潔に、写真を使ってポイントを伝えましょう。文章の場合、英語とホテル所在地の現地言語を使いましょう。 > 新規フォロワーの獲得は重要ですが、それと同じくらい重要なのが獲得したフォロワーの維持です。フォロワーのエンゲージメントを高めるには、頻度と一貫性が鍵となります。 Simply MeasuredによるInstagramの調査によると、「ネットワーク上のブランドコンテンツに対するユーザーの受容度がより高くなっており、アクティブなブランドがより多くのエンゲージメントを生み出しています。」 > #ハッシュタグを使いましょう!最低でも1つのハッシュタグを付けている投稿は、平均で12.6%高いエンゲージメントを生み出しています** 。効率を上げるには、大規模なユーザーコミュニティに必ずリーチできるよう、ハッシュタグが十分包括的なものでなくてはなりません。ハッシュタグを作成し、キャンペーンに紐づけましょう。そして、ユーザーが敏感に反応するテーマを使いましょう。ニュースの内容によっては、トレンドとなっているハッシュタグ(#Paris2024、#Diwali、#ChineseNewYear、#MostraVenezia等)、または定期的かつ広範囲で使われているハッシュタグ(#TravelTuesday、#TGIF等)を使うこともできます。 ホテルが一般的に使うハッシュタグとしては以下が挙げられます。 #「ホテル名」#citybreak #resort #hotel #boutiquehotel #destination #pool > 自分たちのストーリーを語りましょう! 「ストーリー」でフォロワーに共有する動画をユーザーが作成できるようになってから、Instagramは飛躍し、モバイルの利用をより活発なものにしています。実際、ストーリーは、ホテルのプロモーション、イベントまたは設備等についてリアルタイムな情報を共有できるパワフルかつ直感的な方法であり、フォロワーにホテルの最新ニュースを伝え続けることが可能です。 > 3, 2, 1, go! コンテストを開催しましょう。旅行者はそういったことが大好きです。ホテルのベストな写真、ホテルの投稿に対するコメント等、参加者にリワードを提供しましょう! > ホテルのニュースを広めてもらうために、インフルエンサーと提携しましょう。リーチできる多数のフォロワーがついてきます!ホテルのイメージに合うインフルエンサーを数名特定し、ホテルのキャンペーンの一端を担ってもらえるか、積極的に連絡してみましょう。 >… + 詳細はこちら

今日、30億もの人々もがソーシャルメディアを利用しています。 ソーシャルメディアは、新規顧客のエンゲージメントからSEOの検索順位の向上まで、旅行客のリサーチと予約行程においてホテルの販売を促進し、ビジビリティーを向上する素晴らしいツールです。 さらに、モバイルトレンドによりソーシャルメディアはそのパワーを増し、消費者の旅行検索や予約方法を変えています。 では、ホテルはどのようにソーシャルメディアを活用できるでしょうか?以下の記事をお読みください。   どのソーシャルメディアを選ぶべきでしょうか? ソーシャルメディアのチャネルが増え続けている今日、ユーザーが「本来の意味を見失う」のは、いとも簡単です。 以下は、すべてのホテルが検討すべき、B2C向けのソーシャルメディアの上位3位です。 >2017年第3四半期のアクティブユーザー数が20.7億人超*と、1年で16%*の成長を遂げているFacebookから、私たちは逃れることができません。とりわけ、Facebookユーザーの最大の関心事は、外出、飲食、ファッションを抑え、旅行が第一位となっています。ミレニアル世代の87%**が旅行のインスピレーションを求めてFacebookを使用していることを鑑みると、いかなるホテルも、ビジビリティー向上のためにページを作成すべきです。 >ビジュアルコンテンツ(ホテルについて伝えるには最も効果が高い方法の1つであることは間違いありません)に基づくInstagramを使用すれば、ホテルのブランド認知を向上できます。感情に訴えかける写真とビデオがあれば、旅行客が皆様のホテルを予約する可能性が高くなります。「Instagramユーザーの70%が、Instagram上での広告を目にした後、ウェブサイト訪問等何らかのアクションを取っています。」** >3つ目の鍵となるプレーヤーはTwitterです。「Twitterユーザーの66%**が、新たな中小企業をTwitter上で発見したことがあります。それら中小企業から94%**が購入予定で、69%が購入済みとなっています。」Twitterユーザーの30%を構成するアメリカ人に続く上位3位は、日本人、メキシコ人、そしてブラジル人です。毎秒投稿される膨大なツイートの中で一歩秀でるには、キャッチ-かつシェアされやすいツイートを投稿することが必要不可欠です。 リーチしたい顧客と市場により、その他プラットフォームを検討したほうが良いこともあります。例えば、中国市場であれば、大手のWeChatがあげられるでしょう。 また、リソースと予算に応じて、YouTube、SnapChat、PinterestまたはLinkedInのようなその他ソーシャルメディアも積極的に活用しましょう。   どのようなコンテンツを使えるのでしょうか? フォロワーにどのような情報を伝えるべきか迷ったら、旅行者の立場になって、自分だったらどのようなコンテンツを見たいか考えてみましょう。ここで、いくつかのアイディアをご紹介します。 インターネットで最も好まれるコンテンツは、ビデオのアップロードです!例えば、ホテルで開催中のイベントのライブストリーミングをしたり、GIFを作成することができます。 お客様がホテルでの滞在やサービス(スパ、レストラン等)を満喫している瞬間や場面をとらえている、「ライフスタイル」を表す写真を投稿してみましょう。 ホテル所在地のコンテンツや滞在のヒント(旅行者の執筆した記事、ブログ、タイムアウト誌等)をシェアしましょう。 コツ:ユーザーが作成したコンテンツを活用しましょう。無料ですし、検索する必要がありません! エンゲージメントを生み出すにはどうすれば良いでしょうか? ソーシャルメディアで目立つための戦略をいくつかご紹介します。 > Less is more! 簡潔に、写真を使ってポイントを伝えましょう。文章の場合、英語とホテル所在地の現地言語を使いましょう。 > 新規フォロワーの獲得は重要ですが、それと同じくらい重要なのが獲得したフォロワーの維持です。フォロワーのエンゲージメントを高めるには、頻度と一貫性が鍵となります。 Simply MeasuredによるInstagramの調査によると、「ネットワーク上のブランドコンテンツに対するユーザーの受容度がより高くなっており、アクティブなブランドがより多くのエンゲージメントを生み出しています。」 > #ハッシュタグを使いましょう!最低でも1つのハッシュタグを付けている投稿は、平均で12.6%高いエンゲージメントを生み出しています** 。効率を上げるには、大規模なユーザーコミュニティに必ずリーチできるよう、ハッシュタグが十分包括的なものでなくてはなりません。ハッシュタグを作成し、キャンペーンに紐づけましょう。そして、ユーザーが敏感に反応するテーマを使いましょう。ニュースの内容によっては、トレンドとなっているハッシュタグ(#Paris2024、#Diwali、#ChineseNewYear、#MostraVenezia等)、または定期的かつ広範囲で使われているハッシュタグ(#TravelTuesday、#TGIF等)を使うこともできます。 ホテルが一般的に使うハッシュタグとしては以下が挙げられます。 #「ホテル名」#citybreak #resort #hotel #boutiquehotel #destination #pool > 自分たちのストーリーを語りましょう! 「ストーリー」でフォロワーに共有する動画をユーザーが作成できるようになってから、Instagramは飛躍し、モバイルの利用をより活発なものにしています。実際、ストーリーは、ホテルのプロモーション、イベントまたは設備等についてリアルタイムな情報を共有できるパワフルかつ直感的な方法であり、フォロワーにホテルの最新ニュースを伝え続けることが可能です。 > 3, 2, 1, go! コンテストを開催しましょう。旅行者はそういったことが大好きです。ホテルのベストな写真、ホテルの投稿に対するコメント等、参加者にリワードを提供しましょう! > ホテルのニュースを広めてもらうために、インフルエンサーと提携しましょう。リーチできる多数のフォロワーがついてきます!ホテルのイメージに合うインフルエンサーを数名特定し、ホテルのキャンペーンの一端を担ってもらえるか、積極的に連絡してみましょう。 > ソーシャルメディアでディスカウントを提供し直接販売しましょう。 > メンバーが関わっているソーシャルメディアを通じて利用可能な特別レートまたはパッケージをメンバーに提供し、リワードを与えましょう。   成功はどのように測定するのでしょうか? ROIを測定し、ホテルのソーシャルメディア戦略を継続的に改善するために、KPIのモニタリングは必須です。 「いいね!」とシェアの数により、機能している、またはしていない要素や活性化しなくてはならない手段を特定しやすくなるでしょう。 オーディエンスの行動を理解することもまた、ホテルの投稿をするのに最適な曜日と時間を特定し、より多くのエンゲージメントを生み出しやすくします。オーディエンスとの時差が何であれ、「リアルタイム」に旅行者に接続するよう、投稿のスケジュールを決めることも可能です。 より多くのオーディエンスにリーチするには、有料ソーシャルメディアキャンペーンに戦略的に投資することもできます。 次のステップは? ソーシャルメディアに慣れて使い方をマスターしたと感じたら、ステップアップして、それらのチャネルをホテルのオンライン販売構成に組み込んでみましょう! ソーシャルメディアは、その縦割り状態から抜け出し、ホテルのエコシステムに組み込ませる必要があります。メッセージアプリやチャット、ソーシャルメディアベースのコンシェルジュ、ソーシャルアイデンティティとの接続を活用したホテルウェブサイトへのアクセス、ソーシャル広告、ホテルのソーシャルメディア上のリアルタイムでの価格と在庫の表示等、新たなテクノロジーに目を向けてみましょう。   *Source: Facebook 01/11/2017 **Source: Millenials Marketing

feedback explorers

ホテルウェブサイトの改修:エクスプローラーズ・ホテルの場合

Published

サイト改修は重要な決断です:ウェブサイト改修に先立ちどのような事を検討すべきでしょうか?どの程度のROIを見込めるでしょうか? アルゴンキン・グループのデジタル・マネージャー、フレデリック・ホパートと、エクスプローラーズ・ホテルのコマーシャル・アンド・マーケティング・ディレクター、パトリス・リーバーマンからのフィードバックに続き、弊社ウェブスタジオのVP、 Adnane Kassamalyからのアドバイスです。   ディズニーランド・パリ近郊という理想的なロケーションのエクスプローラーズ・ホテルは、有名テーマパークでの特別な滞在を求めている家族連れにぴったりの宿泊先です。アルゴンキン・グループとエクスプローラーズ・ホテルのチームは今年、ウェブサイトの改修をFASTBOOKINGに委託しました。 エクスプローラーズ・ホテルのウェブサイト改修の目的は何でしたか? フレデリック・ホパートとパトリス・リーバーマン:我々の目的は非常に明確でした。 第一に、トラフィック量とエンゲージメント率を上げること 第二に、我々のホテルの独自性を反映し、その設備やサービスを強調するようなショーケースを構築すること 旧サイトからどのような点を変更しましたか? スペシャルオファーとパッケージの価値を上げることが必須でした。そのため、各オファーまたはパッケージについて詳細が記載された専用ページを作りました。 購買を促すため、価格比較ウィジェットの組み込みやポップインメッセージ等、希少性の原則を用いたマーケティングテクニックを設定しました。 また、訪問者に自分のソーシャルネットワークアカウントを通じて登録させるモジュールのおかげで、より多くカスタマイゼーションを提供できるようになりました。複数のメリットを提供する機能のおかげで、訪問者は、優遇条件を得たり、パーソナライズされた歓迎を受けることができ、我々は、今後のダイレクトマーケティングのために顧客データベースを充実させることができます。 最後に、新サイトではダイナミックカレンダーを提供し、料金と在庫へのアクセスを容易にしています。このツールがあれば、価格をリアルタイムで更新・表示することが可能です。 つまり、我々のホテルの中核や理念を維持したまま、多くの変更を実施し、カスタムメイドのデザインを通じて訪問者の感情に訴えかけ、ホテルのストーリを語ることができるようになりました。 改修以降、どのような成果を得られていますか? 目標を達成しました!新サイトにより多くのトラフィックが生み出され、SEO経由のセッションが37%増加しました。費用が発生しないソースからのトラフィック増としては素晴らしい数字です! 旅行客のエンゲージメントが高まったと感じています。エクスプローラーズのサイトの平均訪問時間が長くなりましたし、直帰率が10%減少しました。 訪問者増に加え、予約数も増えました!ダイナミックカレンダーを開いた旅行客の94%が、予約行程の次のステップに進んだ、つまり「コンバージョン」したのです。 世界的に見ると、エクスプローラーズのウェブサイトを訪問する旅行客の5人に1人超が、予約エンジンに着地しています。 最後にはなりますが、改修以降、モバイルトラフィックがほぼ2倍になりました。このチャネルでの飛躍的な売上成長を考慮すると、これは非常に良いニュースだと思っています。 では、改修に満足していますか? はい、非常に満足です!FASTBOOKINGチームは、スペシャルオファーやパッケージを強調したり、それらをソーシャルネットワーク上で販促するという、我々のやりたいことを瞬時に理解してくれました。これは、我々ホテルのマインドセットそのものです!FASTBOOKINGを信頼したからこそ、非常に素晴らしい結果をスピード感を持って達成することができました。   専門家からのアドバイス ホテルのウェブサイトを、調整ではなく完全に改修すると決めるべきタイミングはいつでしょうか?黄金の法則は何なのでしょうか?社ウェブスタジオのVP、 Adnane Kassamalyがヒントをお教えします。 ウェブサイトの改修はなぜ重要なのでしょうか? 自身のサイトにお客様を惹きつけるのは簡単なことではありません!検索順位の下落または直帰率の上昇は、サイトが時代遅れになってしまったことの兆候かもしれません。 サイト改修を検討する第一の理由は確実に、インターネット上での習慣の進化でしょう。あなたののサイトは常に、新しいモバイルデバイスと訪問者のモビリティ(反応の速さ、モバイル上での検索、複数デバイスからの予約可能性、ジオロケーション等に対応していますか)?検索エンジンアルゴリズムの最新技術を取り入れていますか? コンテンツをリフレッシュさせることも重要です。2015年に更新されたデータであったり、写真が時代遅れだったり、魅力的でないリンクをユーザーがクリックする可能性は非常に低いでしょう。3Dやビデオを融合させるチャンスを利用しましょう! 最後に、テクノロジーが急激に進化しているからこそ、皆さんのサイトは最新の技術イノベーションやウェブマーケティングの恩恵を受けることができています。例えば、いまだにFlashプラグインを組み込んでいるサイトがありますが、それは、せいぜい機能した場合であっても、表示スピードは遅く、ユーザーエクスペリエンスを損なってしまいます。最悪の場合、コンテンツは何も表示されません。 サイトに魅力がなければ、ユーザーはホテルに滞在してくれません。デザインとユーザーエクスペリエンスにおいて、デジタルコードのトレンドを考慮しないサイトは、ホテルそのものの信頼性を損なっているのです。 ウェブサイトの寿命はどのくらいですか? 定期的にコンテンツを更新しサイトを活性化するだけでなく、2年ごとにサイトの改修を計画する必要があります。この改修とは、パフォーマンス最適化を目的としたデザインの完全な再構築か、サイト強化を目的としたウィジェット、新ページ、写真もしくはビデオの追加か、現地言語への翻訳を伴うローカライゼーションによる単純な「リフレッシュ」かは問いません。 ウェブサイトは、ホテルのバーチャル・ロビーの役割を果たします。オファー内容に大幅な変更(新サービス、新ポジショニング、改修等)があった場合、サイトがホテルのDNAとバリュープロポジションを引き続き伝えるものであるかを確認しましょう。 サイトの再設計に先立ち講じるべき主な手順は何でしょうか? うまく機能している点、訪問者の嗜好、改善すべき点、そして、競合と比較して自身に足りない部分を理解するため、パフォーマンスを分析するところから始めましょう。 その後、以下の定義付けを行います。自身の強みと資産、強調したい設備やサービス、ブランドアイデンティティ、見本としたいその他サイト、コンテンツ、サイトの改修と育成を社内で担当するチーム、マーケティングキャンペーン、ウェブサイト改修プロジェクトが生まれた背景とニーズ(コミュニケーション、売上、マーケティング、法務、パフォーマンス、組織、戦略、コンペティティブセット) 明確な目標なしに成功はありません。目標を定義し、新サイトから得たいもの、そしてその測定方法について書面化しておきましょう!   エクスプローラーズ・ホテルのウェブサイトを見てみましょう FASTBOOKING Web Studioのその他の実績を見てみましょう サイト診断のために弊社ウェブスタジオに連絡 + 詳細はこちら

サイト改修は重要な決断です:ウェブサイト改修に先立ちどのような事を検討すべきでしょうか?どの程度のROIを見込めるでしょうか? アルゴンキン・グループのデジタル・マネージャー、フレデリック・ホパートと、エクスプローラーズ・ホテルのコマーシャル・アンド・マーケティング・ディレクター、パトリス・リーバーマンからのフィードバックに続き、弊社ウェブスタジオのVP、 Adnane Kassamalyからのアドバイスです。   ディズニーランド・パリ近郊という理想的なロケーションのエクスプローラーズ・ホテルは、有名テーマパークでの特別な滞在を求めている家族連れにぴったりの宿泊先です。アルゴンキン・グループとエクスプローラーズ・ホテルのチームは今年、ウェブサイトの改修をFASTBOOKINGに委託しました。 エクスプローラーズ・ホテルのウェブサイト改修の目的は何でしたか? フレデリック・ホパートとパトリス・リーバーマン:我々の目的は非常に明確でした。 第一に、トラフィック量とエンゲージメント率を上げること 第二に、我々のホテルの独自性を反映し、その設備やサービスを強調するようなショーケースを構築すること 旧サイトからどのような点を変更しましたか? スペシャルオファーとパッケージの価値を上げることが必須でした。そのため、各オファーまたはパッケージについて詳細が記載された専用ページを作りました。 購買を促すため、価格比較ウィジェットの組み込みやポップインメッセージ等、希少性の原則を用いたマーケティングテクニックを設定しました。 また、訪問者に自分のソーシャルネットワークアカウントを通じて登録させるモジュールのおかげで、より多くカスタマイゼーションを提供できるようになりました。複数のメリットを提供する機能のおかげで、訪問者は、優遇条件を得たり、パーソナライズされた歓迎を受けることができ、我々は、今後のダイレクトマーケティングのために顧客データベースを充実させることができます。 最後に、新サイトではダイナミックカレンダーを提供し、料金と在庫へのアクセスを容易にしています。このツールがあれば、価格をリアルタイムで更新・表示することが可能です。 つまり、我々のホテルの中核や理念を維持したまま、多くの変更を実施し、カスタムメイドのデザインを通じて訪問者の感情に訴えかけ、ホテルのストーリを語ることができるようになりました。 改修以降、どのような成果を得られていますか? 目標を達成しました!新サイトにより多くのトラフィックが生み出され、SEO経由のセッションが37%増加しました。費用が発生しないソースからのトラフィック増としては素晴らしい数字です! 旅行客のエンゲージメントが高まったと感じています。エクスプローラーズのサイトの平均訪問時間が長くなりましたし、直帰率が10%減少しました。 訪問者増に加え、予約数も増えました!ダイナミックカレンダーを開いた旅行客の94%が、予約行程の次のステップに進んだ、つまり「コンバージョン」したのです。 世界的に見ると、エクスプローラーズのウェブサイトを訪問する旅行客の5人に1人超が、予約エンジンに着地しています。 最後にはなりますが、改修以降、モバイルトラフィックがほぼ2倍になりました。このチャネルでの飛躍的な売上成長を考慮すると、これは非常に良いニュースだと思っています。 では、改修に満足していますか? はい、非常に満足です!FASTBOOKINGチームは、スペシャルオファーやパッケージを強調したり、それらをソーシャルネットワーク上で販促するという、我々のやりたいことを瞬時に理解してくれました。これは、我々ホテルのマインドセットそのものです!FASTBOOKINGを信頼したからこそ、非常に素晴らしい結果をスピード感を持って達成することができました。   専門家からのアドバイス ホテルのウェブサイトを、調整ではなく完全に改修すると決めるべきタイミングはいつでしょうか?黄金の法則は何なのでしょうか?社ウェブスタジオのVP、 Adnane Kassamalyがヒントをお教えします。 ウェブサイトの改修はなぜ重要なのでしょうか? 自身のサイトにお客様を惹きつけるのは簡単なことではありません!検索順位の下落または直帰率の上昇は、サイトが時代遅れになってしまったことの兆候かもしれません。 サイト改修を検討する第一の理由は確実に、インターネット上での習慣の進化でしょう。あなたののサイトは常に、新しいモバイルデバイスと訪問者のモビリティ(反応の速さ、モバイル上での検索、複数デバイスからの予約可能性、ジオロケーション等に対応していますか)?検索エンジンアルゴリズムの最新技術を取り入れていますか? コンテンツをリフレッシュさせることも重要です。2015年に更新されたデータであったり、写真が時代遅れだったり、魅力的でないリンクをユーザーがクリックする可能性は非常に低いでしょう。3Dやビデオを融合させるチャンスを利用しましょう! 最後に、テクノロジーが急激に進化しているからこそ、皆さんのサイトは最新の技術イノベーションやウェブマーケティングの恩恵を受けることができています。例えば、いまだにFlashプラグインを組み込んでいるサイトがありますが、それは、せいぜい機能した場合であっても、表示スピードは遅く、ユーザーエクスペリエンスを損なってしまいます。最悪の場合、コンテンツは何も表示されません。 サイトに魅力がなければ、ユーザーはホテルに滞在してくれません。デザインとユーザーエクスペリエンスにおいて、デジタルコードのトレンドを考慮しないサイトは、ホテルそのものの信頼性を損なっているのです。 ウェブサイトの寿命はどのくらいですか? 定期的にコンテンツを更新しサイトを活性化するだけでなく、2年ごとにサイトの改修を計画する必要があります。この改修とは、パフォーマンス最適化を目的としたデザインの完全な再構築か、サイト強化を目的としたウィジェット、新ページ、写真もしくはビデオの追加か、現地言語への翻訳を伴うローカライゼーションによる単純な「リフレッシュ」かは問いません。 ウェブサイトは、ホテルのバーチャル・ロビーの役割を果たします。オファー内容に大幅な変更(新サービス、新ポジショニング、改修等)があった場合、サイトがホテルのDNAとバリュープロポジションを引き続き伝えるものであるかを確認しましょう。 サイトの再設計に先立ち講じるべき主な手順は何でしょうか? うまく機能している点、訪問者の嗜好、改善すべき点、そして、競合と比較して自身に足りない部分を理解するため、パフォーマンスを分析するところから始めましょう。 その後、以下の定義付けを行います。自身の強みと資産、強調したい設備やサービス、ブランドアイデンティティ、見本としたいその他サイト、コンテンツ、サイトの改修と育成を社内で担当するチーム、マーケティングキャンペーン、ウェブサイト改修プロジェクトが生まれた背景とニーズ(コミュニケーション、売上、マーケティング、法務、パフォーマンス、組織、戦略、コンペティティブセット) 明確な目標なしに成功はありません。目標を定義し、新サイトから得たいもの、そしてその測定方法について書面化しておきましょう!   エクスプローラーズ・ホテルのウェブサイトを見てみましょう FASTBOOKING Web Studioのその他の実績を見てみましょう サイト診断のために弊社ウェブスタジオに連絡

digital tips NL 5

ホテルの競争力魅力を向上させる8つのコツ

Published

今日のホテル価格戦略は主に3つの基準に基づき定義されています。 セグメンテーション: ターゲット顧客が誰なのか、その顧客がどの程度の宿泊費を払うことができるのか、また、払いたいと思うのか/li> 需要:一定の期間と所在地、一定の価格でホテルに滞在しようとする旅行者数 マーケットオファー:つまりは競合他社   レベニューマネジャーまたはホテル経営者のゴールは明確です:稼働率向上、ADR最適化およびコスト削減を通じて収益性を上げることです。 ターゲット顧客を理解していても、非常に変動が激しいマーケットおよび需要をモニタリングするのは、非常に難しいものです。 ここでは、マーケットと競合他社の調査にかける時間とリソースを効率的に配分するためのコツをいくつかご案内します。 #1: 競合相手を理解する 顧客を理解し競合相手を決める:旅行者はあなたのホテルに滞在する以外にどのようなオプションがあるのでしょうか? 考慮すべき要素は以下のとおりです: > ロケーション 顧客の意思決定の第2の基準はロケーションであることから、まず考えるべきは自身のホテルの周辺に所在する宿泊施設です。ホテルによってはそう簡単ではなく、目的地レベルでのベンチマーク設定が推奨される場合があります。例えば、ビーチリゾートで余暇を過ごしたいと考える旅行者は複数の目的地を検討するため、ビーチリゾートのレベニューマネージャーは、別の目的地の競合他社も考慮する必要があります。 > ホテルの種類(バジェット、ミッドスケール、アップスケール) ホテルを選択する際に旅行者が確認する第1の基準は価格であるため、料金は非常に重要です。ハイシーズンとローシーズンで料金を調整することが必要です。 >アクセシビリティ 旅行者が必ず確認するのはホテルへのアクセス方法です。その他選択肢と比較し、よりアクセスのしやすいホテルを求めます。 > ホテルの規模 団体客の受け入れが可能な合計客室数も競合相手を決めるうえで重要です:ミーティングやイベントプランナーが比較を行う際の主な基準です。 > 独立系ホテルかホテルチェーンか ポイントが獲得できるなど、強固なロイヤリティプログラムを有するホテルチェーンに滞在することをより好む法人旅行客に強い影響を与える可能性があります。 >レジャー設備 (プール、スパ、ジム等) 一部の旅行者は、ホテルの設備を頻繁に使用します。たとえば、ミレニアル世代のビジネス旅行者は、ホテル客室を予約する際、ジムを重要な要素と捉えています。また、別の例としては、リゾート地におけるプールが挙げられます。 > イベント開催: イベントを開催できる収容人数もまた、旅行者を引き付ける要素となります。 競合相手は日々変化しています。例えば、ホテルの新規オープンは大きな影響を与える要素となり得ます。   #2 競合他社のの価格、客室タイプおよび制限 競合相手を決めたら、その他には何に気をつける必要があるでしょうか? まず注意するべきは価格です。少なくとも、自らのベストレートのベンチマークは行いましょう。分析を微調整し、客室タイプ別(スタンダード、デラックス等)に価格をモニタリングすることもできますが、ホテルによって客室名が異なることがあるため、自らの客室タイプと競合相手の客室タイプをマッピングする必要があります。 LOS、早割やラストミニッツのポリシーも重要な指標です:これらは自社の販売制限を定義、調整する際に役立ちます。   #3… + 詳細はこちら

今日のホテル価格戦略は主に3つの基準に基づき定義されています。 セグメンテーション: ターゲット顧客が誰なのか、その顧客がどの程度の宿泊費を払うことができるのか、また、払いたいと思うのか/li> 需要:一定の期間と所在地、一定の価格でホテルに滞在しようとする旅行者数 マーケットオファー:つまりは競合他社   レベニューマネジャーまたはホテル経営者のゴールは明確です:稼働率向上、ADR最適化およびコスト削減を通じて収益性を上げることです。 ターゲット顧客を理解していても、非常に変動が激しいマーケットおよび需要をモニタリングするのは、非常に難しいものです。 ここでは、マーケットと競合他社の調査にかける時間とリソースを効率的に配分するためのコツをいくつかご案内します。 #1: 競合相手を理解する 顧客を理解し競合相手を決める:旅行者はあなたのホテルに滞在する以外にどのようなオプションがあるのでしょうか? 考慮すべき要素は以下のとおりです: > ロケーション 顧客の意思決定の第2の基準はロケーションであることから、まず考えるべきは自身のホテルの周辺に所在する宿泊施設です。ホテルによってはそう簡単ではなく、目的地レベルでのベンチマーク設定が推奨される場合があります。例えば、ビーチリゾートで余暇を過ごしたいと考える旅行者は複数の目的地を検討するため、ビーチリゾートのレベニューマネージャーは、別の目的地の競合他社も考慮する必要があります。 > ホテルの種類(バジェット、ミッドスケール、アップスケール) ホテルを選択する際に旅行者が確認する第1の基準は価格であるため、料金は非常に重要です。ハイシーズンとローシーズンで料金を調整することが必要です。 >アクセシビリティ 旅行者が必ず確認するのはホテルへのアクセス方法です。その他選択肢と比較し、よりアクセスのしやすいホテルを求めます。 > ホテルの規模 団体客の受け入れが可能な合計客室数も競合相手を決めるうえで重要です:ミーティングやイベントプランナーが比較を行う際の主な基準です。 > 独立系ホテルかホテルチェーンか ポイントが獲得できるなど、強固なロイヤリティプログラムを有するホテルチェーンに滞在することをより好む法人旅行客に強い影響を与える可能性があります。 >レジャー設備 (プール、スパ、ジム等) 一部の旅行者は、ホテルの設備を頻繁に使用します。たとえば、ミレニアル世代のビジネス旅行者は、ホテル客室を予約する際、ジムを重要な要素と捉えています。また、別の例としては、リゾート地におけるプールが挙げられます。 > イベント開催: イベントを開催できる収容人数もまた、旅行者を引き付ける要素となります。 競合相手は日々変化しています。例えば、ホテルの新規オープンは大きな影響を与える要素となり得ます。   #2 競合他社のの価格、客室タイプおよび制限 競合相手を決めたら、その他には何に気をつける必要があるでしょうか? まず注意するべきは価格です。少なくとも、自らのベストレートのベンチマークは行いましょう。分析を微調整し、客室タイプ別(スタンダード、デラックス等)に価格をモニタリングすることもできますが、ホテルによって客室名が異なることがあるため、自らの客室タイプと競合相手の客室タイプをマッピングする必要があります。 LOS、早割やラストミニッツのポリシーも重要な指標です:これらは自社の販売制限を定義、調整する際に役立ちます。   #3 オンライン・レピュテーション 自社のオンライン・レピュテーションを把握することも大切です。実際、旅行者は、同じようなサービスレベルで所在地の近いのホテルがあった場合、より良いカスタマーレビューやスコアの高いホテルには、より高い価格を支払うことを厭いません。トリップアドバイザー上でのランキングが10%上がると、予約が4.6%増えています。(トリップアドバイザー調べ)       #4 自社の料金パリティー 4回の検索のうち1回は、OTAの販売価格のほうが自社販売価格より安いことが分かっており(Triptease調べ)、この現象がホテルの認識外で起きていることもあります。 料金のディスパリティーがホテル公式ウェブサイトからの直接予約の減少に直結するため、自社料金が少なくともパリティ内にいるよう注意深くモニタリングすることが不可欠です。すべての販売チャネル上で自社の販売価格をベンチマークすることが、直接販売を促進する上で役立ちます。   #5 需要の予測 需要に影響を与え得るすべてのイベントを認識しておきましょう。繁忙期の予測精度を増し、閑散期を活性化するのに役立ちます。ホテルから20km圏内で開催されるすべてのイベントを確認しましょう。ホテルにビジネスをもたらすイベントとして、スポーツイベント、学校の休み期間、バンクホリデー、トレードフェア、文化イベント、大規模な展示会等が挙げられます。. #6 一貫性を保つ ルーティーンを決める:毎朝ホテル稼働率を確認するときに、競合相手の動きも同時に確認しましょう!更に、到着日の90日前、60日前、30日前、15日前そして3日前の価格推移を確認すると、競合相手の戦略を一歩一歩理解するのに役立ちます。スポーツの試合のように、対戦相手を知れば知るほど、主導権を握り有利なスタートを切ることができるようになります。   #7 「リアルタイム」で動く 競合相手は1週間で少なくとも14回価格を更新しています。そのため、リアルタイムデータを検索することが競合相手の動きに応戦する鍵となります。   #8 技術支援を得る 7つのチャネルで3つのレート、3つの客室カテゴリ、5つの競合相手(非常に活気があるマーケットでは最高で15件)をモニタリングすると仮定すると、実に630ものホテル価格をチェックしなくてはなりません!価格を収集するためだけに丸1日を費やすことができますか? 最先端のツールでは、あらゆる競合相手の状況を1画面で全方位から確認でき、ダッシュボードをカスタマイズできるため、ユーザーの時間節約に圧倒的に貢献します。 これらのツールを使用し、アラートを作成できます。自らのニーズにに合わせてカスタマイズし、マーケットが変化するたびにカスタム通知が届くよう設定しましょう。マーケットの動きに最初に反応しましょう!   今こそ、仕事の進め方を楽にし、パフォーマンスを高め、競合相手に対し優位に立つときです!  

feedback NL 5

The Royal Monceau Raffles Parisの最新ウェブサイト

Published

パリファッションウィークを数週間後に控え、光の街パリの主要なホテルでは、客室を埋める準備をはじめています。この機会に、伝説的なパリのThe Royal Monceau Raffles Parisは最新の特注ウェブサイトを完成させ、オンラインで新たな姿を披露しています! 2012年にPhilippe Starkにより改築されたThe Royal Monceau は、今日のデジタル販売環境下で、華やかな伝統とよく管理された実績を両立している稀有な宝石のような存在です。 FASTBOOKINGウェブスタジオが開発を受託した新ウェブサイト立ち上げの機会に、The Royal Monceauのコミュニケーション・ディレクターであるBarbara Sablon氏にお話を伺いました。   新ウェブサイトに関する主な課題は何でしたか? The Royal Monceauの独自性を際だたせた、モダン、リッチかつクリーンなウェブサイトを作りたいと考えていました。 + 詳細はこちら

パリファッションウィークを数週間後に控え、光の街パリの主要なホテルでは、客室を埋める準備をはじめています。この機会に、伝説的なパリのThe Royal Monceau Raffles Parisは最新の特注ウェブサイトを完成させ、オンラインで新たな姿を披露しています! 2012年にPhilippe Starkにより改築されたThe Royal Monceau は、今日のデジタル販売環境下で、華やかな伝統とよく管理された実績を両立している稀有な宝石のような存在です。 FASTBOOKINGウェブスタジオが開発を受託した新ウェブサイト立ち上げの機会に、The Royal Monceauのコミュニケーション・ディレクターであるBarbara Sablon氏にお話を伺いました。   新ウェブサイトに関する主な課題は何でしたか? The Royal Monceauの独自性を際だたせた、モダン、リッチかつクリーンなウェブサイトを作りたいと考えていました。 FASTBOOKINGは、期待どおり、私たちのDNAを尊重し、The Royal Monceauのオンラインでの存在感に新たな側面を付け加え、イメージどおりのウェブサイトをカスタム設計してくれました。   この新ウェブサイトで取り込みたいオーディエンスは誰ですか? 私たちのターゲット顧客は、どちらかと言えば若年層で、もちろんアートとファッションの世界に関心がある人たちです。また、グローバルなビジネスコミュニティのハイエンド顧客も対象としています。 宿泊セグメントについては外国人がメイン顧客ですが、スパとケータリング施設についてはパリジャンもターゲットとしています。 言い換えれば、大胆かつ毅然として現代的な私たちのアートの世界観と同時に最もパーソナルなサービスも体験してもらうという、私たちが一貫して持ち続けている唯一のモチベーションに正確に基づいた顧客層と言えます。   新ウェブサイトは、ホテルのブランディング戦略にどのように当てはまっていますか? 私は、The Royal Monceauのチームに参画したとき、このプロジェクトに高い優先順位を付けました。 今日、The Royal Monceau Raffles Parisのようにブランドイメージが強い場合は特に、ウェブサイトがデジタルコミュニケーション戦略の中核を成しています。ウェブサイトは私たちのイメージを反映したものにしたい、そしてなるべく早くウェブサイトを仕上げたいと考えていました。新ウェブサイトを通じて、エレガンスとパリジャン・シックと形容できる独自の世界観に引き込むような強烈な体験をウェブサイトのビジターに提供できることを楽しみにしていました。FACEBOOKチームが私たちのニーズを完璧に把握し、ホテルの世界観を非常に良く反映したウェブサイトを作成してくれたことに満足しています。また、納期についても、この規模のプロジェクトにしては極めて迅速で、4か月と予定どおりでした。   新ウェブサイトでは、ホテルの壁を越えた体験をビジターに提供しています。それについてお聞かせください。 私たちのホテルは、スパのみならずシネマシアター、アート書店やアートギャラリーといった文化的スペースを兼ね備えた、真の意味で生活と余暇を楽しむ場所です。そのため、このような各スペースで開催中のイベント(シネマセッション、開催中の展示、ギフトアイディア、シグネチャートリートメント等)に関する実用的な情報を提供したいと考えています。 あらゆるサービスが予約可能である(そして異なる予約システムが統合されている)ため、ホテルの追加サービスの販売促進を強化することが可能です。 以下を一言で表すと? 仕様上重視した点は? 美的感覚と明確さ FASTBOOKINGチームからのアドバイスは? ホームページにビデオを載せること + 詳細はこちら

digital tips

ビジネストラベラー:売上増加は容易

Published

ビジネストラベルの際の支出は2016年末時点で1.3兆でしたが、Global Business Travelers Associationは、2020年末までに+6%にまで成長すると予想しています。 独立系ホテルにとってビジネストラベラーはチャンスなのでしょうか?また、ビジネストラベラーを取り込むにはどうすれば良いのでしょうか? テイクアウトできる朝食、アーリーデパーチャー、クイックチェックイン等、ビジネストラベラーの管理は時として容易です。また、ビジネストラベラーはツーリストより滞在中の追加サービスに多くを費やす傾向にあり、ケータリングやドライクリーニングに対し50%から75%*多く支払っています。この傾向は、「ミレニアル世代」についてはなおさら重要です。この世代の37%が、46歳から65歳の21%と比べ、上記費用が会社負担の場合、ルームサービスに対してより多くのお金を費やします。 出張と個人観光を組み合わせることでビジネスとレジャーを融合させる「ブリージャー」という形態は増え続けています。実際、「トラベルウィークリー」誌の消費者動向によると、観光旅行と組み合わせることでの出張の延泊は2016年に11%から17%に増加しました。主要な国際企業においてはブリージャーを認める動きが強まっています。 「ライフスタイル」宿泊という旅の新たな形が出てきている中、ホテルの提供するサービスや設備は常に、ビジネストラベラーに対する差別化要素です。これはすなわち、独立系ホテルにもチャンスがあることを示しています。 このような新たな行動パターンに対応し、自身のホテルに大きな可能性をもたらしてくれる顧客層を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか? * 出典:トラベルポート   1. 自身のホテルに関心を寄せている旅行客が誰なのかを分析しましょう 基本に立ち返り、旅行客の行動、そして自身のホテルに顧客層を惹きつける要素が何なのかを理解しましょう。それが、ビジネストラベラーの予約を獲得するための戦略を構築するための基盤となります。 予約行動を理解するためには、PMSが皆様にとっての独自の情報源となります。同時に、ビジネストラベラーがホテル設備の何を評価しているかを定知るには、オンライン・レピュテーション・ツールで彼らのニーズを容易に特定できます。また、ホテルのウェブサイトやソーシャルネットワーク上でのビジネストラベラーのフィードバックも積極的に活用しましょう。最後に、強力な無料分析ツールであるGoogleアナリティクスにより、幅広い情報にアクセスし、例えばどのオファーが最も閲覧されているか評価したり旅行客の国籍を知ることが可能になります。 これらの鍵となる情報により、ビジネストラベラーのニーズに合ったオファーを構築することができます。   2. 「必要不可欠要素」を「付加価値」に変えましょう ビジネストラベラーを納得させる、自身のホテルの強みが何かを理解することは必須です。 こんにち、「ビジネス目的の滞在に必要不可欠なものは何か」という質問に対し、Wi-Fi、シャトルサービスやタクシー、フィットネス、ドライクリーニングという4つの要素がトップを占めています。 アメニティーは、出張目的で宿泊先を予約する際に鍵となる要素です。ビジネストラベラーの56%* が、ホテル選択において高速Wi-Fiの有無が影響すると答えています。(出典:エクスペディア/エジェンシア) 第二に、宿泊先への容易なアクセスです。実際、第二の必要不可欠要素は、ホテルに容易にアクセスするためのシャトルまたはタクシーサービス、そして駐車場へのアクセスです。長期滞在ビジネストラベラーの45%超(とりわけ女性の50%超、50歳以上の高齢者の58%)が、交通手段への容易なアクセスが必須と考えています。(出典:アダージョによる調査) 第三の必要不可欠要素は、ドライクリーニングサービスです。移動スピードの速さゆえ、ビジネストラベラーは大きなスーツケースに手を煩わされることはできません。身軽に旅行することに長けたフランソワは、 「数日でも10日間を超える旅行でも、機内持ち込み用スーツケースしか持っていかない。2,3枚のシャツを洗濯・アイロンで着回している。そうすれば、荷物もなくすことなく、チェックインや到着時に貴重な時間を失うこともない。」 と述べています。 最後に、ビジネストラベル客の中で、プライベートと仕事のバランスを維持したいという希望がますます高まっています。それゆえ、運動の習慣を持っている顧客には、フィットネスへのアクセスが強調できるメリットとなります。 皆様のホテルは設備とサービスを兼ね備えていますか?十分に活用しましょう!ホテルのウェブサイトや様々な販売チャネルのコンテンツ、ホテルの説明文や写真などで、紹介しましょう。   3. 柔軟なオファーを構築しましょう 一般の顧客と同様、ビジネストラベラーも、自らが利用しないメリットに対してお金を払いたくはありません。 更に、ビジネストラベラーのほうが価格に対する意識が薄いとは言うものの、条件の柔軟性に対しては非常に敏感です。 割引に敏感なツーリストとは違い、ビジネストラベラーは、補完的サービスまたは柔軟な条件に対してはお金を喜んで払います。また、航空便と同様、基本料金から価格を設定し、オプション(例:予約をキャンセルしたり変更できる)を追加することが可能です。 Evolution of the pricing strategy Warning! ビジネストラベラーを納得させるには、慎重に考慮してから価格の差別化を図る必要があります。差が大きすぎると、そのオプションを選択するのを思いとどまらせてしまいます。   4. GDSに賭けましょう GDS(グローバル・ディストリビューション・システム)は、航空会社の座席、ホテルの客室、レンタカーやその他の旅行関連の商品を旅行代理店(Amex、Carlson、HRG、 BCD等のTMCを含む。)や大企業が予約するための一元化されたアクセスポイントとして使用されるコンピュータ化された世界的な予約ネットワークです。 GDS(Amadeus、Sabre、GalileoおよびWorldspan)では、年間6,000万件超のホテル予約が行われており、この数字は毎年5%ずつ増加しています。GDSの成功はとりわけ、CarlsonやAmex等の旅行代理店の利用をしばしば義務付ける、企業のトラベル・ポリシーや、ビジネストラベラーにとっての容易さといった要素に起因しています。 皆様のホテルのビジビリティーを上げ、ビジネス顧客層をターゲットとし、かつOTAへの依存度を下げることで販売を多様化させることができます。 GDSの競争は重要です。例えばSabreは175,000件のホテル予約を販売しています。GDS上で自らのプレゼンスの管理方法は、OTAの場合と同じではなく、価格設定構造やコンテンツに関する作業が求められます。実際、GDS上での自身のホテル説明は、素早く旅行代理店の注意を引くために特定の基準を満たしていなくてはなりません。 独立系ホテルの経営者を支援するため、現在、皆様と旅行代理店またはTMCとの提携戦略をサポートし、皆様のホテルの視認性と価格戦略を最適化すること‐すなわち皆様の契約管理のすべて‐をお手伝いするパートナーが存在します。FASTBOOKINGでは、このプログラムを利用しているホテルの予約件数が平均で19%増加したことを認識しています。 もっとお知りになりたい方は、2017年9月27日に開催されます、弊社ウェビナー"「独立系ホテル:GDSを活用し売上を伸ばす方法を学ぶ40分」"にご参加ください。   5. セグメントを特定しましょう 皆様のホテル周辺にも企業が所在していると思います。そのような近隣企業が宿泊設備を必要とする可能性があります。ホテルと会社が近接していることは明らかなメリットです!予測件数によっては、法人契約レートを提示した取引をすることも可能です。 弊社のお客様の声の一例です。「パリのブティックホテル2件を代表し、これらのホテルのスタイルを気に入ってくれている近隣の音楽レーベルと複数の契約を締結しました。これにより、ビジネストラベラーの客室稼働率が10%上がりました。」 このようにすると、ホテル側で予約と会社名を結びつけることが可能になり、年末には売上分析を行い、契約に交渉の余地があるか否かを決定したり、会社に対するマーケティングアクションを遂行することができるようになります。 更に、地域内で契約を締結すると、GDS上で法人契約レートを課すことが可能になります。この会社がより大きなグループの子会社である場合、地域内で締結された契約が世界的なものとなるため、視認性が著しく高まることになります。 Win-Winの関係:この貴重な顧客層の期待に応えるため、LRA(ラLast Room Available)を適用することで、ハイシーズンであっても皆様のホテルレートを入手可能にしておきましょう。ホテルに販売可能な客室が1室でもある限り、適用レートを利用可能にしなくてはなりません。   6. 最もロイヤリティの高いお客様に見返りを与えましょう ビジネストラベラーが滞在に満足した場合、滞在したホテルを他の人にも勧めるでしょう。そのお客様に対してだけのオファーを提供し、直接予約をしてもらえるよう働きかけましょう。最近では、プロモコードの作成や、ホテルの予約エンジン上の接続モジュール経由でターゲットのみに向けての特別オファーの提案が簡単にできます。 Let's… + 詳細はこちら

ビジネストラベルの際の支出は2016年末時点で1.3兆でしたが、Global Business Travelers Associationは、2020年末までに+6%にまで成長すると予想しています。 独立系ホテルにとってビジネストラベラーはチャンスなのでしょうか?また、ビジネストラベラーを取り込むにはどうすれば良いのでしょうか? テイクアウトできる朝食、アーリーデパーチャー、クイックチェックイン等、ビジネストラベラーの管理は時として容易です。また、ビジネストラベラーはツーリストより滞在中の追加サービスに多くを費やす傾向にあり、ケータリングやドライクリーニングに対し50%から75%*多く支払っています。この傾向は、「ミレニアル世代」についてはなおさら重要です。この世代の37%が、46歳から65歳の21%と比べ、上記費用が会社負担の場合、ルームサービスに対してより多くのお金を費やします。 出張と個人観光を組み合わせることでビジネスとレジャーを融合させる「ブリージャー」という形態は増え続けています。実際、「トラベルウィークリー」誌の消費者動向によると、観光旅行と組み合わせることでの出張の延泊は2016年に11%から17%に増加しました。主要な国際企業においてはブリージャーを認める動きが強まっています。 「ライフスタイル」宿泊という旅の新たな形が出てきている中、ホテルの提供するサービスや設備は常に、ビジネストラベラーに対する差別化要素です。これはすなわち、独立系ホテルにもチャンスがあることを示しています。 このような新たな行動パターンに対応し、自身のホテルに大きな可能性をもたらしてくれる顧客層を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか? * 出典:トラベルポート   1. 自身のホテルに関心を寄せている旅行客が誰なのかを分析しましょう 基本に立ち返り、旅行客の行動、そして自身のホテルに顧客層を惹きつける要素が何なのかを理解しましょう。それが、ビジネストラベラーの予約を獲得するための戦略を構築するための基盤となります。 予約行動を理解するためには、PMSが皆様にとっての独自の情報源となります。同時に、ビジネストラベラーがホテル設備の何を評価しているかを定知るには、オンライン・レピュテーション・ツールで彼らのニーズを容易に特定できます。また、ホテルのウェブサイトやソーシャルネットワーク上でのビジネストラベラーのフィードバックも積極的に活用しましょう。最後に、強力な無料分析ツールであるGoogleアナリティクスにより、幅広い情報にアクセスし、例えばどのオファーが最も閲覧されているか評価したり旅行客の国籍を知ることが可能になります。 これらの鍵となる情報により、ビジネストラベラーのニーズに合ったオファーを構築することができます。   2. 「必要不可欠要素」を「付加価値」に変えましょう ビジネストラベラーを納得させる、自身のホテルの強みが何かを理解することは必須です。 こんにち、「ビジネス目的の滞在に必要不可欠なものは何か」という質問に対し、Wi-Fi、シャトルサービスやタクシー、フィットネス、ドライクリーニングという4つの要素がトップを占めています。 アメニティーは、出張目的で宿泊先を予約する際に鍵となる要素です。ビジネストラベラーの56%* が、ホテル選択において高速Wi-Fiの有無が影響すると答えています。(出典:エクスペディア/エジェンシア) 第二に、宿泊先への容易なアクセスです。実際、第二の必要不可欠要素は、ホテルに容易にアクセスするためのシャトルまたはタクシーサービス、そして駐車場へのアクセスです。長期滞在ビジネストラベラーの45%超(とりわけ女性の50%超、50歳以上の高齢者の58%)が、交通手段への容易なアクセスが必須と考えています。(出典:アダージョによる調査) 第三の必要不可欠要素は、ドライクリーニングサービスです。移動スピードの速さゆえ、ビジネストラベラーは大きなスーツケースに手を煩わされることはできません。身軽に旅行することに長けたフランソワは、 「数日でも10日間を超える旅行でも、機内持ち込み用スーツケースしか持っていかない。2,3枚のシャツを洗濯・アイロンで着回している。そうすれば、荷物もなくすことなく、チェックインや到着時に貴重な時間を失うこともない。」 と述べています。 最後に、ビジネストラベル客の中で、プライベートと仕事のバランスを維持したいという希望がますます高まっています。それゆえ、運動の習慣を持っている顧客には、フィットネスへのアクセスが強調できるメリットとなります。 皆様のホテルは設備とサービスを兼ね備えていますか?十分に活用しましょう!ホテルのウェブサイトや様々な販売チャネルのコンテンツ、ホテルの説明文や写真などで、紹介しましょう。   3. 柔軟なオファーを構築しましょう 一般の顧客と同様、ビジネストラベラーも、自らが利用しないメリットに対してお金を払いたくはありません。 更に、ビジネストラベラーのほうが価格に対する意識が薄いとは言うものの、条件の柔軟性に対しては非常に敏感です。 割引に敏感なツーリストとは違い、ビジネストラベラーは、補完的サービスまたは柔軟な条件に対してはお金を喜んで払います。また、航空便と同様、基本料金から価格を設定し、オプション(例:予約をキャンセルしたり変更できる)を追加することが可能です。 Evolution of the pricing strategy Warning! ビジネストラベラーを納得させるには、慎重に考慮してから価格の差別化を図る必要があります。差が大きすぎると、そのオプションを選択するのを思いとどまらせてしまいます。   4. GDSに賭けましょう GDS(グローバル・ディストリビューション・システム)は、航空会社の座席、ホテルの客室、レンタカーやその他の旅行関連の商品を旅行代理店(Amex、Carlson、HRG、 BCD等のTMCを含む。)や大企業が予約するための一元化されたアクセスポイントとして使用されるコンピュータ化された世界的な予約ネットワークです。 GDS(Amadeus、Sabre、GalileoおよびWorldspan)では、年間6,000万件超のホテル予約が行われており、この数字は毎年5%ずつ増加しています。GDSの成功はとりわけ、CarlsonやAmex等の旅行代理店の利用をしばしば義務付ける、企業のトラベル・ポリシーや、ビジネストラベラーにとっての容易さといった要素に起因しています。 皆様のホテルのビジビリティーを上げ、ビジネス顧客層をターゲットとし、かつOTAへの依存度を下げることで販売を多様化させることができます。 GDSの競争は重要です。例えばSabreは175,000件のホテル予約を販売しています。GDS上で自らのプレゼンスの管理方法は、OTAの場合と同じではなく、価格設定構造やコンテンツに関する作業が求められます。実際、GDS上での自身のホテル説明は、素早く旅行代理店の注意を引くために特定の基準を満たしていなくてはなりません。 独立系ホテルの経営者を支援するため、現在、皆様と旅行代理店またはTMCとの提携戦略をサポートし、皆様のホテルの視認性と価格戦略を最適化すること‐すなわち皆様の契約管理のすべて‐をお手伝いするパートナーが存在します。FASTBOOKINGでは、このプログラムを利用しているホテルの予約件数が平均で19%増加したことを認識しています。 もっとお知りになりたい方は、2017年9月27日に開催されます、弊社ウェビナー"「独立系ホテル:GDSを活用し売上を伸ばす方法を学ぶ40分」"にご参加ください。   5. セグメントを特定しましょう 皆様のホテル周辺にも企業が所在していると思います。そのような近隣企業が宿泊設備を必要とする可能性があります。ホテルと会社が近接していることは明らかなメリットです!予測件数によっては、法人契約レートを提示した取引をすることも可能です。 弊社のお客様の声の一例です。「パリのブティックホテル2件を代表し、これらのホテルのスタイルを気に入ってくれている近隣の音楽レーベルと複数の契約を締結しました。これにより、ビジネストラベラーの客室稼働率が10%上がりました。」 このようにすると、ホテル側で予約と会社名を結びつけることが可能になり、年末には売上分析を行い、契約に交渉の余地があるか否かを決定したり、会社に対するマーケティングアクションを遂行することができるようになります。 更に、地域内で契約を締結すると、GDS上で法人契約レートを課すことが可能になります。この会社がより大きなグループの子会社である場合、地域内で締結された契約が世界的なものとなるため、視認性が著しく高まることになります。 Win-Winの関係:この貴重な顧客層の期待に応えるため、LRA(ラLast Room Available)を適用することで、ハイシーズンであっても皆様のホテルレートを入手可能にしておきましょう。ホテルに販売可能な客室が1室でもある限り、適用レートを利用可能にしなくてはなりません。   6. 最もロイヤリティの高いお客様に見返りを与えましょう ビジネストラベラーが滞在に満足した場合、滞在したホテルを他の人にも勧めるでしょう。そのお客様に対してだけのオファーを提供し、直接予約をしてもらえるよう働きかけましょう。最近では、プロモコードの作成や、ホテルの予約エンジン上の接続モジュール経由でターゲットのみに向けての特別オファーの提案が簡単にできます。 Let's go! 皆様のホテルの予約最適化に向けて、ビジネストラベラーに賭けてみましょう! 1- 顧客フィードバックと予約行動を分析する ✓ 2- 全チャネルでホテル情報が最新のものになっているかを確認する ✓ 3- ビジネス顧客層向けにカスタマイズされたオファーを構築する ✓ 4- GDSでホテルのビジビリティーを上げTMCに属するようにする ✓ 5- ホテルの近隣企業と契約を締結する ✓ 6- 最もロイヤリティが高い顧客に見返りを与え直接予約を促す ✓