Eric Peyrard appointed FASTBOOKING’s Managing Director for France and Northern Europe

ホームページ Press Release Eric Peyrard appointed FASTBOOKING’s Managing Director for France and Northern Europe
Categories:

logo_corporate_fastbooking_hd

 

PRESS RELEASE

Paris, 04/10/2016

 

Eric Peyrard appointed

FASTBOOKING’s Managing Director for France and Northern Europe

 

FASTBOOKING has chosen Eric Peyrard to develop its market in France and Northern Europe.

eric-peyrard

Manager of sales development teams in the digital solutions industry for 20 years, Eric is now aiming to establish FASTBOOKING as a leader in hotel reservations solutions in France and Northern Europe.

“In a changing environment affected by sluggish website traffic, an increase in fees and the appearance of new competitors, the hotel industry must be able to count on technological excellence in supplying new solutions to reduce dependence and improve profitability. Thanks to the support of its industrial shareholder, FASTBOOKING is ideally situated to respond to technological challenges and give its clients more time to practice their hospitality skills,” says Eric Peyrard.

“Eric will direct and accelerate FASTBOOKING’s development in France and Northern Europe. He will be working with a new sales team covering all of Europe and offering products and services that have been entirely redesigned over the past few months – including a new generation channel management tool, revenue generating solutions and the launch of a Masterclass training program – at very competitive prices,” adds Guillaume de Marcillac, FASTBOOKING Co-CEO.

Eric knows perfectly well the stakes that independent hotels and hotel groups face and for 5 years developed and internationalized a hotel-software startup company. He also understands high tech, having held operational positions with large software and technological publishers, such as IBM and Oracle. These two areas of expertise together with his innate pragmatism and strong managerial experience, acquired partly at GE, are proven assets that provide Eric with a clear vision about the way hotels can leverage on technology for their sales and marketing development as well as to enhance their independence.


About FASTBOOKING:

FASTBOOKING offers leading edge e-commerce solutions for hotels to boost their direct sales strategy. Our solutions based on a cutting-edge cloud platform and our proven expertise in digital marketing enable hotels to boost brand visibility and promote online sales through online and mobile channels.

Our local experts offer daily support to hoteliers, in more than 90 countries, to help them leverage our solutions and retain their independence.

Founded in 2000, FASTBOOKING is now part of AccorHotels group, as the specialist for digital solutions dedicated to independent hotels.

Eric Peyrard appointed FASTBOOKING’s Managing Director for France and Northern Europe

上の公開: October 7, 2016
著者:
FASTBOOKING’s e-commerce solutions will help your hotel increase profit through a direct sales strategy.

まだコメントはありません

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Newsfeed

2   2  

con | 40 min per aumentare le vendite grazie ai | 26/10 | Registrati >…

0   0  

Domani, 11:00 AM > FASTBOOKING Webinar > Sfruttare i Metasearch per aumentare le prenotazioni dirette > Registrati…

1   0  

> le groupe gagne un abonnement nouvelle plateforme de gestion des…

digital tips NL 5

ホテルの競争力魅力を向上させる8つのコツ

Published

今日のホテル価格戦略は主に3つの基準に基づき定義されています。 セグメンテーション: ターゲット顧客が誰なのか、その顧客がどの程度の宿泊費を払うことができるのか、また、払いたいと思うのか/li> 需要:一定の期間と所在地、一定の価格でホテルに滞在しようとする旅行者数 マーケットオファー:つまりは競合他社   レベニューマネジャーまたはホテル経営者のゴールは明確です:稼働率向上、ADR最適化およびコスト削減を通じて収益性を上げることです。 ターゲット顧客を理解していても、非常に変動が激しいマーケットおよび需要をモニタリングするのは、非常に難しいものです。 ここでは、マーケットと競合他社の調査にかける時間とリソースを効率的に配分するためのコツをいくつかご案内します。 #1: 競合相手を理解する 顧客を理解し競合相手を決める:旅行者はあなたのホテルに滞在する以外にどのようなオプションがあるのでしょうか? 考慮すべき要素は以下のとおりです: > ロケーション 顧客の意思決定の第2の基準はロケーションであることから、まず考えるべきは自身のホテルの周辺に所在する宿泊施設です。ホテルによってはそう簡単ではなく、目的地レベルでのベンチマーク設定が推奨される場合があります。例えば、ビーチリゾートで余暇を過ごしたいと考える旅行者は複数の目的地を検討するため、ビーチリゾートのレベニューマネージャーは、別の目的地の競合他社も考慮する必要があります。 > ホテルの種類(バジェット、ミッドスケール、アップスケール) ホテルを選択する際に旅行者が確認する第1の基準は価格であるため、料金は非常に重要です。ハイシーズンとローシーズンで料金を調整することが必要です。 >アクセシビリティ 旅行者が必ず確認するのはホテルへのアクセス方法です。その他選択肢と比較し、よりアクセスのしやすいホテルを求めます。 > ホテルの規模 団体客の受け入れが可能な合計客室数も競合相手を決めるうえで重要です:ミーティングやイベントプランナーが比較を行う際の主な基準です。 > 独立系ホテルかホテルチェーンか ポイントが獲得できるなど、強固なロイヤリティプログラムを有するホテルチェーンに滞在することをより好む法人旅行客に強い影響を与える可能性があります。 >レジャー設備 (プール、スパ、ジム等) 一部の旅行者は、ホテルの設備を頻繁に使用します。たとえば、ミレニアル世代のビジネス旅行者は、ホテル客室を予約する際、ジムを重要な要素と捉えています。また、別の例としては、リゾート地におけるプールが挙げられます。 > イベント開催: イベントを開催できる収容人数もまた、旅行者を引き付ける要素となります。 競合相手は日々変化しています。例えば、ホテルの新規オープンは大きな影響を与える要素となり得ます。   #2 競合他社のの価格、客室タイプおよび制限 競合相手を決めたら、その他には何に気をつける必要があるでしょうか? まず注意するべきは価格です。少なくとも、自らのベストレートのベンチマークは行いましょう。分析を微調整し、客室タイプ別(スタンダード、デラックス等)に価格をモニタリングすることもできますが、ホテルによって客室名が異なることがあるため、自らの客室タイプと競合相手の客室タイプをマッピングする必要があります。 LOS、早割やラストミニッツのポリシーも重要な指標です:これらは自社の販売制限を定義、調整する際に役立ちます。   #3… + 詳細はこちら

今日のホテル価格戦略は主に3つの基準に基づき定義されています。 セグメンテーション: ターゲット顧客が誰なのか、その顧客がどの程度の宿泊費を払うことができるのか、また、払いたいと思うのか/li> 需要:一定の期間と所在地、一定の価格でホテルに滞在しようとする旅行者数 マーケットオファー:つまりは競合他社   レベニューマネジャーまたはホテル経営者のゴールは明確です:稼働率向上、ADR最適化およびコスト削減を通じて収益性を上げることです。 ターゲット顧客を理解していても、非常に変動が激しいマーケットおよび需要をモニタリングするのは、非常に難しいものです。 ここでは、マーケットと競合他社の調査にかける時間とリソースを効率的に配分するためのコツをいくつかご案内します。 #1: 競合相手を理解する 顧客を理解し競合相手を決める:旅行者はあなたのホテルに滞在する以外にどのようなオプションがあるのでしょうか? 考慮すべき要素は以下のとおりです: > ロケーション 顧客の意思決定の第2の基準はロケーションであることから、まず考えるべきは自身のホテルの周辺に所在する宿泊施設です。ホテルによってはそう簡単ではなく、目的地レベルでのベンチマーク設定が推奨される場合があります。例えば、ビーチリゾートで余暇を過ごしたいと考える旅行者は複数の目的地を検討するため、ビーチリゾートのレベニューマネージャーは、別の目的地の競合他社も考慮する必要があります。 > ホテルの種類(バジェット、ミッドスケール、アップスケール) ホテルを選択する際に旅行者が確認する第1の基準は価格であるため、料金は非常に重要です。ハイシーズンとローシーズンで料金を調整することが必要です。 >アクセシビリティ 旅行者が必ず確認するのはホテルへのアクセス方法です。その他選択肢と比較し、よりアクセスのしやすいホテルを求めます。 > ホテルの規模 団体客の受け入れが可能な合計客室数も競合相手を決めるうえで重要です:ミーティングやイベントプランナーが比較を行う際の主な基準です。 > 独立系ホテルかホテルチェーンか ポイントが獲得できるなど、強固なロイヤリティプログラムを有するホテルチェーンに滞在することをより好む法人旅行客に強い影響を与える可能性があります。 >レジャー設備 (プール、スパ、ジム等) 一部の旅行者は、ホテルの設備を頻繁に使用します。たとえば、ミレニアル世代のビジネス旅行者は、ホテル客室を予約する際、ジムを重要な要素と捉えています。また、別の例としては、リゾート地におけるプールが挙げられます。 > イベント開催: イベントを開催できる収容人数もまた、旅行者を引き付ける要素となります。 競合相手は日々変化しています。例えば、ホテルの新規オープンは大きな影響を与える要素となり得ます。   #2 競合他社のの価格、客室タイプおよび制限 競合相手を決めたら、その他には何に気をつける必要があるでしょうか? まず注意するべきは価格です。少なくとも、自らのベストレートのベンチマークは行いましょう。分析を微調整し、客室タイプ別(スタンダード、デラックス等)に価格をモニタリングすることもできますが、ホテルによって客室名が異なることがあるため、自らの客室タイプと競合相手の客室タイプをマッピングする必要があります。 LOS、早割やラストミニッツのポリシーも重要な指標です:これらは自社の販売制限を定義、調整する際に役立ちます。   #3 オンライン・レピュテーション 自社のオンライン・レピュテーションを把握することも大切です。実際、旅行者は、同じようなサービスレベルで所在地の近いのホテルがあった場合、より良いカスタマーレビューやスコアの高いホテルには、より高い価格を支払うことを厭いません。トリップアドバイザー上でのランキングが10%上がると、予約が4.6%増えています。(トリップアドバイザー調べ)       #4 自社の料金パリティー 4回の検索のうち1回は、OTAの販売価格のほうが自社販売価格より安いことが分かっており(Triptease調べ)、この現象がホテルの認識外で起きていることもあります。 料金のディスパリティーがホテル公式ウェブサイトからの直接予約の減少に直結するため、自社料金が少なくともパリティ内にいるよう注意深くモニタリングすることが不可欠です。すべての販売チャネル上で自社の販売価格をベンチマークすることが、直接販売を促進する上で役立ちます。   #5 需要の予測 需要に影響を与え得るすべてのイベントを認識しておきましょう。繁忙期の予測精度を増し、閑散期を活性化するのに役立ちます。ホテルから20km圏内で開催されるすべてのイベントを確認しましょう。ホテルにビジネスをもたらすイベントとして、スポーツイベント、学校の休み期間、バンクホリデー、トレードフェア、文化イベント、大規模な展示会等が挙げられます。. #6 一貫性を保つ ルーティーンを決める:毎朝ホテル稼働率を確認するときに、競合相手の動きも同時に確認しましょう!更に、到着日の90日前、60日前、30日前、15日前そして3日前の価格推移を確認すると、競合相手の戦略を一歩一歩理解するのに役立ちます。スポーツの試合のように、対戦相手を知れば知るほど、主導権を握り有利なスタートを切ることができるようになります。   #7 「リアルタイム」で動く 競合相手は1週間で少なくとも14回価格を更新しています。そのため、リアルタイムデータを検索することが競合相手の動きに応戦する鍵となります。   #8 技術支援を得る 7つのチャネルで3つのレート、3つの客室カテゴリ、5つの競合相手(非常に活気があるマーケットでは最高で15件)をモニタリングすると仮定すると、実に630ものホテル価格をチェックしなくてはなりません!価格を収集するためだけに丸1日を費やすことができますか? 最先端のツールでは、あらゆる競合相手の状況を1画面で全方位から確認でき、ダッシュボードをカスタマイズできるため、ユーザーの時間節約に圧倒的に貢献します。 これらのツールを使用し、アラートを作成できます。自らのニーズにに合わせてカスタマイズし、マーケットが変化するたびにカスタム通知が届くよう設定しましょう。マーケットの動きに最初に反応しましょう!   今こそ、仕事の進め方を楽にし、パフォーマンスを高め、競合相手に対し優位に立つときです!  

feedback NL 5

The Royal Monceau Raffles Parisの最新ウェブサイト

Published

パリファッションウィークを数週間後に控え、光の街パリの主要なホテルでは、客室を埋める準備をはじめています。この機会に、伝説的なパリのThe Royal Monceau Raffles Parisは最新の特注ウェブサイトを完成させ、オンラインで新たな姿を披露しています! 2012年にPhilippe Starkにより改築されたThe Royal Monceau は、今日のデジタル販売環境下で、華やかな伝統とよく管理された実績を両立している稀有な宝石のような存在です。 FASTBOOKINGウェブスタジオが開発を受託した新ウェブサイト立ち上げの機会に、The Royal Monceauのコミュニケーション・ディレクターであるBarbara Sablon氏にお話を伺いました。   新ウェブサイトに関する主な課題は何でしたか? The Royal Monceauの独自性を際だたせた、モダン、リッチかつクリーンなウェブサイトを作りたいと考えていました。 + 詳細はこちら

パリファッションウィークを数週間後に控え、光の街パリの主要なホテルでは、客室を埋める準備をはじめています。この機会に、伝説的なパリのThe Royal Monceau Raffles Parisは最新の特注ウェブサイトを完成させ、オンラインで新たな姿を披露しています! 2012年にPhilippe Starkにより改築されたThe Royal Monceau は、今日のデジタル販売環境下で、華やかな伝統とよく管理された実績を両立している稀有な宝石のような存在です。 FASTBOOKINGウェブスタジオが開発を受託した新ウェブサイト立ち上げの機会に、The Royal Monceauのコミュニケーション・ディレクターであるBarbara Sablon氏にお話を伺いました。   新ウェブサイトに関する主な課題は何でしたか? The Royal Monceauの独自性を際だたせた、モダン、リッチかつクリーンなウェブサイトを作りたいと考えていました。 FASTBOOKINGは、期待どおり、私たちのDNAを尊重し、The Royal Monceauのオンラインでの存在感に新たな側面を付け加え、イメージどおりのウェブサイトをカスタム設計してくれました。   この新ウェブサイトで取り込みたいオーディエンスは誰ですか? 私たちのターゲット顧客は、どちらかと言えば若年層で、もちろんアートとファッションの世界に関心がある人たちです。また、グローバルなビジネスコミュニティのハイエンド顧客も対象としています。 宿泊セグメントについては外国人がメイン顧客ですが、スパとケータリング施設についてはパリジャンもターゲットとしています。 言い換えれば、大胆かつ毅然として現代的な私たちのアートの世界観と同時に最もパーソナルなサービスも体験してもらうという、私たちが一貫して持ち続けている唯一のモチベーションに正確に基づいた顧客層と言えます。   新ウェブサイトは、ホテルのブランディング戦略にどのように当てはまっていますか? 私は、The Royal Monceauのチームに参画したとき、このプロジェクトに高い優先順位を付けました。 今日、The Royal Monceau Raffles Parisのようにブランドイメージが強い場合は特に、ウェブサイトがデジタルコミュニケーション戦略の中核を成しています。ウェブサイトは私たちのイメージを反映したものにしたい、そしてなるべく早くウェブサイトを仕上げたいと考えていました。新ウェブサイトを通じて、エレガンスとパリジャン・シックと形容できる独自の世界観に引き込むような強烈な体験をウェブサイトのビジターに提供できることを楽しみにしていました。FACEBOOKチームが私たちのニーズを完璧に把握し、ホテルの世界観を非常に良く反映したウェブサイトを作成してくれたことに満足しています。また、納期についても、この規模のプロジェクトにしては極めて迅速で、4か月と予定どおりでした。   新ウェブサイトでは、ホテルの壁を越えた体験をビジターに提供しています。それについてお聞かせください。 私たちのホテルは、スパのみならずシネマシアター、アート書店やアートギャラリーといった文化的スペースを兼ね備えた、真の意味で生活と余暇を楽しむ場所です。そのため、このような各スペースで開催中のイベント(シネマセッション、開催中の展示、ギフトアイディア、シグネチャートリートメント等)に関する実用的な情報を提供したいと考えています。 あらゆるサービスが予約可能である(そして異なる予約システムが統合されている)ため、ホテルの追加サービスの販売促進を強化することが可能です。 以下を一言で表すと? 仕様上重視した点は? 美的感覚と明確さ FASTBOOKINGチームからのアドバイスは? ホームページにビデオを載せること + 詳細はこちら

Infographics

マーケティング•ソリューションの正しい選び方

Published

ホテルマネージャーまたはディレクターとしてマーケティングを行う際、パートナーとツールの多さに少なからず圧倒された、あるいは迷ってしまった、そんな経験はないでしょうか? 今日のホテルマーケティングでは、オンライン・ディストリビューションのパフォーマンスを管理する上で、ホテル経営者が様々な要素と幅広いスキルを駆使しなければならないことはまぎれもない事実です。幸いにもテクノロジーのおかげで、数年前、一握りの経営者にしかできなかったことが、最近ではより多くのコントロールと計測が可能になり、多くの潜在顧客にアプローチできるようになりました。   しかし一方で、好ましくない面もあります。ホテル経営者が、今や多様なソリューションとプレーヤーが混在する複雑なエコシステムの中心に置かれ、マーケットで最も重要なソリューションの全体像が見えづらくなっている点です。どのソリューションが自社のニーズに最適かを判断するのは非常に困難です。 FASTBOOKINGは、2000年以来、ホテルのオンラインマーケティングをお手伝いしてきました。そしてその経験から、ホテルが効果的なデジタルマーケティングを行う上で必要なツールやシステムについて多くを理解し、ホテルが自社直接予約を拡大していただけるように努めてまいりました。   ホテル経営者の皆様が日々直面するパートナー、システム、ソフトウエア、宣伝ツール等、エコシステムについて理解する際にお役立ていただくために、当ガイド及び関連するインフォグラフィックをまとめました。 その目的は、販売を拡大するために、オンライン・ディストリビューションのバリュー・チェーンのそれぞれの段階で、ホテル経営者が活用できる主要なシステムとツール(「方法」の項参照)の概要をご案内するためです。     ホテルマーケティングのバリュー・チェーン   ホテルの規模やブランドによって異なるニーズに合わせ、最適なパートナーを選択していただけるように、カテゴリーに分けて記載しています。   主要なカテゴリーは独立系ホテルとグループホテルです。 もちろんこのカテゴリー分けは絶対的なものではありません。小規模バジェットホテルが大手チェーンホテルと同じPMSやウエブ業者を選ぶこともできますが、より有益な結果を得るためには賢明な投資が重要です。   + 詳細はこちら

ホテルマネージャーまたはディレクターとしてマーケティングを行う際、パートナーとツールの多さに少なからず圧倒された、あるいは迷ってしまった、そんな経験はないでしょうか? 今日のホテルマーケティングでは、オンライン・ディストリビューションのパフォーマンスを管理する上で、ホテル経営者が様々な要素と幅広いスキルを駆使しなければならないことはまぎれもない事実です。幸いにもテクノロジーのおかげで、数年前、一握りの経営者にしかできなかったことが、最近ではより多くのコントロールと計測が可能になり、多くの潜在顧客にアプローチできるようになりました。   しかし一方で、好ましくない面もあります。ホテル経営者が、今や多様なソリューションとプレーヤーが混在する複雑なエコシステムの中心に置かれ、マーケットで最も重要なソリューションの全体像が見えづらくなっている点です。どのソリューションが自社のニーズに最適かを判断するのは非常に困難です。 FASTBOOKINGは、2000年以来、ホテルのオンラインマーケティングをお手伝いしてきました。そしてその経験から、ホテルが効果的なデジタルマーケティングを行う上で必要なツールやシステムについて多くを理解し、ホテルが自社直接予約を拡大していただけるように努めてまいりました。   ホテル経営者の皆様が日々直面するパートナー、システム、ソフトウエア、宣伝ツール等、エコシステムについて理解する際にお役立ていただくために、当ガイド及び関連するインフォグラフィックをまとめました。 その目的は、販売を拡大するために、オンライン・ディストリビューションのバリュー・チェーンのそれぞれの段階で、ホテル経営者が活用できる主要なシステムとツール(「方法」の項参照)の概要をご案内するためです。     ホテルマーケティングのバリュー・チェーン   ホテルの規模やブランドによって異なるニーズに合わせ、最適なパートナーを選択していただけるように、カテゴリーに分けて記載しています。   主要なカテゴリーは独立系ホテルとグループホテルです。 もちろんこのカテゴリー分けは絶対的なものではありません。小規模バジェットホテルが大手チェーンホテルと同じPMSやウエブ業者を選ぶこともできますが、より有益な結果を得るためには賢明な投資が重要です。   方法 マーケットに関する当社の知識及び様々な規模のホテルとの幅広い業務経験に基づき、システムとプロバイダーをカテゴリーに分けました。全てを網羅できているわけではありませんが、主要なグローバルプレーヤーと、経験豊富なリージョナルプレーヤーが含まれています。 ホテルを主要な2タイプ、独立系ホテルとグループホテルに分けたのは、マーケティングテクノロジーに関して、明らかにニーズと要件が異なるからです。 ウエブデザイン:ビジターから顧客へ マーケティング戦略の第一歩は、どのカテゴリーのホテルであっても、適切なホテルのウエブサイトを立ち上げることです。またかと思われるかもしれませんが、これは意外に見落としがちな点でもあります。ホテルが理解しておかなければならないのは、ホテルのウエブサイトの主要な目的はビジターを顧客に変え、自社直接予約を獲得することです。レストランや会議室、その他の様々なサービスもホテルのウエブサイトでPRできますが、ウエブサイトの第一の目的はビジターの顧客への転換であることを十分考慮されたものである必要があります。   ウエブサイトを立ち上げることは、おそらくホテルの投資で最も高価なマーケットツールではないでしょうか。ですから、ウエブ制作業者の選択にあたっては、現実的なゴールを設定する必要があります。大手ホテル、小規模チェーン、ラグジャリーホテルであれば完全にカスタマイズされたウエブサイトを選ぶのが当然でしょうが、小規模ホテルやバジェットホテルであれば、必ずしもそうはならないでしょう。留意すべきは、新たなトレンドとテクノロジーに合わせ、ウエブサイトを24ヶ月から36ヶ月ごとに手を加える(一からの作り直しでないにせよ)必要があるという点です。ですから、小規模ホテル、ホステル、B&B等、ADRがあまり高くない事業者は、既製のテンプレートを購入する、または、オンラインのウエブ制作業者を選択すること等も視野に入れておく方が良いでしょう。また、コンテンツ(スペシャルオファー、ニュース、パッケージ)とメディア(写真、ブロッシャー、PDF)のアップデートを定期的に行うのはホテルスタッフでしょうから、スタッフが簡単に操作できること、新たな更正•修正が不要なことも重要です。なぜなら、ウエブを構築する際には気づかないことも多いのですが、更正•修正には費用がかかることがあるからです。   大手ホテルやチェーンホテルの場合、ホテルの付加的サービスの価値を高め、付属収益(料飲、スパ、イベント等)の向上に寄与できるか、ウエブ制作業者の選択にあたり検討する必要があるでしょう。MICEを重視した3Dミーティングプランナー、あるいはリアルタイムでのレストラン予約のマネージメントシステムも出回っており、投資に値する見返りを期待できることもあります。   ウエブ制作業者を選ぶ際の着眼点 オファーや写真等をアップデートする際、使いやすいコンテントマネージメントシステムか ウエブを他のサーバーに移行する必要が生じた場合、オープンソースCMSか + 詳細はこちら

digital tips

ビジネストラベラー:売上増加は容易

Published

ビジネストラベルの際の支出は2016年末時点で1.3兆でしたが、Global Business Travelers Associationは、2020年末までに+6%にまで成長すると予想しています。 独立系ホテルにとってビジネストラベラーはチャンスなのでしょうか?また、ビジネストラベラーを取り込むにはどうすれば良いのでしょうか? テイクアウトできる朝食、アーリーデパーチャー、クイックチェックイン等、ビジネストラベラーの管理は時として容易です。また、ビジネストラベラーはツーリストより滞在中の追加サービスに多くを費やす傾向にあり、ケータリングやドライクリーニングに対し50%から75%*多く支払っています。この傾向は、「ミレニアル世代」についてはなおさら重要です。この世代の37%が、46歳から65歳の21%と比べ、上記費用が会社負担の場合、ルームサービスに対してより多くのお金を費やします。 出張と個人観光を組み合わせることでビジネスとレジャーを融合させる「ブリージャー」という形態は増え続けています。実際、「トラベルウィークリー」誌の消費者動向によると、観光旅行と組み合わせることでの出張の延泊は2016年に11%から17%に増加しました。主要な国際企業においてはブリージャーを認める動きが強まっています。 「ライフスタイル」宿泊という旅の新たな形が出てきている中、ホテルの提供するサービスや設備は常に、ビジネストラベラーに対する差別化要素です。これはすなわち、独立系ホテルにもチャンスがあることを示しています。 このような新たな行動パターンに対応し、自身のホテルに大きな可能性をもたらしてくれる顧客層を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか? * 出典:トラベルポート   1. 自身のホテルに関心を寄せている旅行客が誰なのかを分析しましょう 基本に立ち返り、旅行客の行動、そして自身のホテルに顧客層を惹きつける要素が何なのかを理解しましょう。それが、ビジネストラベラーの予約を獲得するための戦略を構築するための基盤となります。 予約行動を理解するためには、PMSが皆様にとっての独自の情報源となります。同時に、ビジネストラベラーがホテル設備の何を評価しているかを定知るには、オンライン・レピュテーション・ツールで彼らのニーズを容易に特定できます。また、ホテルのウェブサイトやソーシャルネットワーク上でのビジネストラベラーのフィードバックも積極的に活用しましょう。最後に、強力な無料分析ツールであるGoogleアナリティクスにより、幅広い情報にアクセスし、例えばどのオファーが最も閲覧されているか評価したり旅行客の国籍を知ることが可能になります。 これらの鍵となる情報により、ビジネストラベラーのニーズに合ったオファーを構築することができます。   2. 「必要不可欠要素」を「付加価値」に変えましょう ビジネストラベラーを納得させる、自身のホテルの強みが何かを理解することは必須です。 こんにち、「ビジネス目的の滞在に必要不可欠なものは何か」という質問に対し、Wi-Fi、シャトルサービスやタクシー、フィットネス、ドライクリーニングという4つの要素がトップを占めています。 アメニティーは、出張目的で宿泊先を予約する際に鍵となる要素です。ビジネストラベラーの56%* が、ホテル選択において高速Wi-Fiの有無が影響すると答えています。(出典:エクスペディア/エジェンシア) 第二に、宿泊先への容易なアクセスです。実際、第二の必要不可欠要素は、ホテルに容易にアクセスするためのシャトルまたはタクシーサービス、そして駐車場へのアクセスです。長期滞在ビジネストラベラーの45%超(とりわけ女性の50%超、50歳以上の高齢者の58%)が、交通手段への容易なアクセスが必須と考えています。(出典:アダージョによる調査) 第三の必要不可欠要素は、ドライクリーニングサービスです。移動スピードの速さゆえ、ビジネストラベラーは大きなスーツケースに手を煩わされることはできません。身軽に旅行することに長けたフランソワは、「数日でも10日間を超える旅行でも、機内持ち込み用スーツケースしか持っていかない。2,3枚のシャツを洗濯・アイロンで着回している。そうすれば、荷物もなくすことなく、チェックインや到着時に貴重な時間を失うこともない。」と述べています。 最後に、ビジネストラベル客の中で、プライベートと仕事のバランスを維持したいという希望がますます高まっています。それゆえ、運動の習慣を持っている顧客には、フィットネスへのアクセスが強調できるメリットとなります。 皆様のホテルは設備とサービスを兼ね備えていますか?十分に活用しましょう!ホテルのウェブサイトや様々な販売チャネルのコンテンツ、ホテルの説明文や写真などで、紹介しましょう。   3. 柔軟なオファーを構築しましょう 一般の顧客と同様、ビジネストラベラーも、自らが利用しないメリットに対してお金を払いたくはありません。 更に、ビジネストラベラーのほうが価格に対する意識が薄いとは言うものの、条件の柔軟性に対しては非常に敏感です。 割引に敏感なツーリストとは違い、ビジネストラベラーは、補完的サービスまたは柔軟な条件に対してはお金を喜んで払います。また、航空便と同様、基本料金から価格を設定し、オプション(例:予約をキャンセルしたり変更できる)を追加することが可能です。 Evolution of the pricing strategy Warning! ビジネストラベラーを納得させるには、慎重に考慮してから価格の差別化を図る必要があります。差が大きすぎると、そのオプションを選択するのを思いとどまらせてしまいます。   4. GDSに賭けましょう GDS(グローバル・ディストリビューション・システム)は、航空会社の座席、ホテルの客室、レンタカーやその他の旅行関連の商品を旅行代理店(Amex、Carlson、HRG、 BCD等のTMCを含む。)や大企業が予約するための一元化されたアクセスポイントとして使用されるコンピュータ化された世界的な予約ネットワークです。 GDS(Amadeus、Sabre、GalileoおよびWorldspan)では、年間6,000万件超のホテル予約が行われており、この数字は毎年5%ずつ増加しています。GDSの成功はとりわけ、CarlsonやAmex等の旅行代理店の利用をしばしば義務付ける、企業のトラベル・ポリシーや、ビジネストラベラーにとっての容易さといった要素に起因しています。 皆様のホテルのビジビリティーを上げ、ビジネス顧客層をターゲットとし、かつOTAへの依存度を下げることで販売を多様化させることができます。 GDSの競争は重要です。例えばSabreは175,000件のホテル予約を販売しています。GDS上で自らのプレゼンスの管理方法は、OTAの場合と同じではなく、価格設定構造やコンテンツに関する作業が求められます。実際、GDS上での自身のホテル説明は、素早く旅行代理店の注意を引くために特定の基準を満たしていなくてはなりません。 独立系ホテルの経営者を支援するため、現在、皆様と旅行代理店またはTMCとの提携戦略をサポートし、皆様のホテルの視認性と価格戦略を最適化すること‐すなわち皆様の契約管理のすべて‐をお手伝いするパートナーが存在します。FASTBOOKINGでは、このプログラムを利用しているホテルの予約件数が平均で19%増加したことを認識しています。 もっとお知りになりたい方は、2017年9月27日に開催されます、弊社ウェビナー"「独立系ホテル:GDSを活用し売上を伸ばす方法を学ぶ40分」"にご参加ください。   5. セグメントを特定しましょう 皆様のホテル周辺にも企業が所在していると思います。そのような近隣企業が宿泊設備を必要とする可能性があります。ホテルと会社が近接していることは明らかなメリットです!予測件数によっては、法人契約レートを提示した取引をすることも可能です。 弊社のお客様の声の一例です。「パリのブティックホテル2件を代表し、これらのホテルのスタイルを気に入ってくれている近隣の音楽レーベルと複数の契約を締結しました。これにより、ビジネストラベラーの客室稼働率が10%上がりました。」 このようにすると、ホテル側で予約と会社名を結びつけることが可能になり、年末には売上分析を行い、契約に交渉の余地があるか否かを決定したり、会社に対するマーケティングアクションを遂行することができるようになります。 更に、地域内で契約を締結すると、GDS上で法人契約レートを課すことが可能になります。この会社がより大きなグループの子会社である場合、地域内で締結された契約が世界的なものとなるため、視認性が著しく高まることになります。 Win-Winの関係:この貴重な顧客層の期待に応えるため、LRA(ラLast Room Available)を適用することで、ハイシーズンであっても皆様のホテルレートを入手可能にしておきましょう。ホテルに販売可能な客室が1室でもある限り、適用レートを利用可能にしなくてはなりません。   6.… + 詳細はこちら

ビジネストラベルの際の支出は2016年末時点で1.3兆でしたが、Global Business Travelers Associationは、2020年末までに+6%にまで成長すると予想しています。 独立系ホテルにとってビジネストラベラーはチャンスなのでしょうか?また、ビジネストラベラーを取り込むにはどうすれば良いのでしょうか? テイクアウトできる朝食、アーリーデパーチャー、クイックチェックイン等、ビジネストラベラーの管理は時として容易です。また、ビジネストラベラーはツーリストより滞在中の追加サービスに多くを費やす傾向にあり、ケータリングやドライクリーニングに対し50%から75%*多く支払っています。この傾向は、「ミレニアル世代」についてはなおさら重要です。この世代の37%が、46歳から65歳の21%と比べ、上記費用が会社負担の場合、ルームサービスに対してより多くのお金を費やします。 出張と個人観光を組み合わせることでビジネスとレジャーを融合させる「ブリージャー」という形態は増え続けています。実際、「トラベルウィークリー」誌の消費者動向によると、観光旅行と組み合わせることでの出張の延泊は2016年に11%から17%に増加しました。主要な国際企業においてはブリージャーを認める動きが強まっています。 「ライフスタイル」宿泊という旅の新たな形が出てきている中、ホテルの提供するサービスや設備は常に、ビジネストラベラーに対する差別化要素です。これはすなわち、独立系ホテルにもチャンスがあることを示しています。 このような新たな行動パターンに対応し、自身のホテルに大きな可能性をもたらしてくれる顧客層を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか? * 出典:トラベルポート   1. 自身のホテルに関心を寄せている旅行客が誰なのかを分析しましょう 基本に立ち返り、旅行客の行動、そして自身のホテルに顧客層を惹きつける要素が何なのかを理解しましょう。それが、ビジネストラベラーの予約を獲得するための戦略を構築するための基盤となります。 予約行動を理解するためには、PMSが皆様にとっての独自の情報源となります。同時に、ビジネストラベラーがホテル設備の何を評価しているかを定知るには、オンライン・レピュテーション・ツールで彼らのニーズを容易に特定できます。また、ホテルのウェブサイトやソーシャルネットワーク上でのビジネストラベラーのフィードバックも積極的に活用しましょう。最後に、強力な無料分析ツールであるGoogleアナリティクスにより、幅広い情報にアクセスし、例えばどのオファーが最も閲覧されているか評価したり旅行客の国籍を知ることが可能になります。 これらの鍵となる情報により、ビジネストラベラーのニーズに合ったオファーを構築することができます。   2. 「必要不可欠要素」を「付加価値」に変えましょう ビジネストラベラーを納得させる、自身のホテルの強みが何かを理解することは必須です。 こんにち、「ビジネス目的の滞在に必要不可欠なものは何か」という質問に対し、Wi-Fi、シャトルサービスやタクシー、フィットネス、ドライクリーニングという4つの要素がトップを占めています。 アメニティーは、出張目的で宿泊先を予約する際に鍵となる要素です。ビジネストラベラーの56%* が、ホテル選択において高速Wi-Fiの有無が影響すると答えています。(出典:エクスペディア/エジェンシア) 第二に、宿泊先への容易なアクセスです。実際、第二の必要不可欠要素は、ホテルに容易にアクセスするためのシャトルまたはタクシーサービス、そして駐車場へのアクセスです。長期滞在ビジネストラベラーの45%超(とりわけ女性の50%超、50歳以上の高齢者の58%)が、交通手段への容易なアクセスが必須と考えています。(出典:アダージョによる調査) 第三の必要不可欠要素は、ドライクリーニングサービスです。移動スピードの速さゆえ、ビジネストラベラーは大きなスーツケースに手を煩わされることはできません。身軽に旅行することに長けたフランソワは、「数日でも10日間を超える旅行でも、機内持ち込み用スーツケースしか持っていかない。2,3枚のシャツを洗濯・アイロンで着回している。そうすれば、荷物もなくすことなく、チェックインや到着時に貴重な時間を失うこともない。」と述べています。 最後に、ビジネストラベル客の中で、プライベートと仕事のバランスを維持したいという希望がますます高まっています。それゆえ、運動の習慣を持っている顧客には、フィットネスへのアクセスが強調できるメリットとなります。 皆様のホテルは設備とサービスを兼ね備えていますか?十分に活用しましょう!ホテルのウェブサイトや様々な販売チャネルのコンテンツ、ホテルの説明文や写真などで、紹介しましょう。   3. 柔軟なオファーを構築しましょう 一般の顧客と同様、ビジネストラベラーも、自らが利用しないメリットに対してお金を払いたくはありません。 更に、ビジネストラベラーのほうが価格に対する意識が薄いとは言うものの、条件の柔軟性に対しては非常に敏感です。 割引に敏感なツーリストとは違い、ビジネストラベラーは、補完的サービスまたは柔軟な条件に対してはお金を喜んで払います。また、航空便と同様、基本料金から価格を設定し、オプション(例:予約をキャンセルしたり変更できる)を追加することが可能です。 Evolution of the pricing strategy Warning! ビジネストラベラーを納得させるには、慎重に考慮してから価格の差別化を図る必要があります。差が大きすぎると、そのオプションを選択するのを思いとどまらせてしまいます。   4. GDSに賭けましょう GDS(グローバル・ディストリビューション・システム)は、航空会社の座席、ホテルの客室、レンタカーやその他の旅行関連の商品を旅行代理店(Amex、Carlson、HRG、 BCD等のTMCを含む。)や大企業が予約するための一元化されたアクセスポイントとして使用されるコンピュータ化された世界的な予約ネットワークです。 GDS(Amadeus、Sabre、GalileoおよびWorldspan)では、年間6,000万件超のホテル予約が行われており、この数字は毎年5%ずつ増加しています。GDSの成功はとりわけ、CarlsonやAmex等の旅行代理店の利用をしばしば義務付ける、企業のトラベル・ポリシーや、ビジネストラベラーにとっての容易さといった要素に起因しています。 皆様のホテルのビジビリティーを上げ、ビジネス顧客層をターゲットとし、かつOTAへの依存度を下げることで販売を多様化させることができます。 GDSの競争は重要です。例えばSabreは175,000件のホテル予約を販売しています。GDS上で自らのプレゼンスの管理方法は、OTAの場合と同じではなく、価格設定構造やコンテンツに関する作業が求められます。実際、GDS上での自身のホテル説明は、素早く旅行代理店の注意を引くために特定の基準を満たしていなくてはなりません。 独立系ホテルの経営者を支援するため、現在、皆様と旅行代理店またはTMCとの提携戦略をサポートし、皆様のホテルの視認性と価格戦略を最適化すること‐すなわち皆様の契約管理のすべて‐をお手伝いするパートナーが存在します。FASTBOOKINGでは、このプログラムを利用しているホテルの予約件数が平均で19%増加したことを認識しています。 もっとお知りになりたい方は、2017年9月27日に開催されます、弊社ウェビナー"「独立系ホテル:GDSを活用し売上を伸ばす方法を学ぶ40分」"にご参加ください。   5. セグメントを特定しましょう 皆様のホテル周辺にも企業が所在していると思います。そのような近隣企業が宿泊設備を必要とする可能性があります。ホテルと会社が近接していることは明らかなメリットです!予測件数によっては、法人契約レートを提示した取引をすることも可能です。 弊社のお客様の声の一例です。「パリのブティックホテル2件を代表し、これらのホテルのスタイルを気に入ってくれている近隣の音楽レーベルと複数の契約を締結しました。これにより、ビジネストラベラーの客室稼働率が10%上がりました。」 このようにすると、ホテル側で予約と会社名を結びつけることが可能になり、年末には売上分析を行い、契約に交渉の余地があるか否かを決定したり、会社に対するマーケティングアクションを遂行することができるようになります。 更に、地域内で契約を締結すると、GDS上で法人契約レートを課すことが可能になります。この会社がより大きなグループの子会社である場合、地域内で締結された契約が世界的なものとなるため、視認性が著しく高まることになります。 Win-Winの関係:この貴重な顧客層の期待に応えるため、LRA(ラLast Room Available)を適用することで、ハイシーズンであっても皆様のホテルレートを入手可能にしておきましょう。ホテルに販売可能な客室が1室でもある限り、適用レートを利用可能にしなくてはなりません。   6. 最もロイヤリティの高いお客様に見返りを与えましょう ビジネストラベラーが滞在に満足した場合、滞在したホテルを他の人にも勧めるでしょう。そのお客様に対してだけのオファーを提供し、直接予約をしてもらえるよう働きかけましょう。最近では、プロモコードの作成や、ホテルの予約エンジン上の接続モジュール経由でターゲットのみに向けての特別オファーの提案が簡単にできます。 Let's go! 皆様のホテルの予約最適化に向けて、ビジネストラベラーに賭けてみましょう! 1- 顧客フィードバックと予約行動を分析する ✓ 2- 全チャネルでホテル情報が最新のものになっているかを確認する ✓ 3- ビジネス顧客層向けにカスタマイズされたオファーを構築する ✓ 4- GDSでホテルのビジビリティーを上げTMCに属するようにする ✓ 5- ホテルの近隣企業と契約を締結する ✓ 6- 最もロイヤリティが高い顧客に見返りを与え直接予約を促す ✓

close to you

FASTBOOKINGウェビナー:Let’s learn!

Published

FASTBOOKINGは、過去数か月で、独立系ホテル経営者に関連する トピックに関する無料ウェビナーを開催しています。 ホテルのデジタル戦略の重要性が高まる中、旅行客を惹きつけるための新たなテクニックやコツを学ぶことへの関心が業界内で高まっています。短時間で行われるこれらのトレーニングは、貴重な時間をやりくりして市場革新について最新の情報を取り入れなければならないホテル経営者の皆様に好まれる形態となっています。 ホテル経営者の皆様からのフィードバックに基づき開発された、下記を含む様々なトピックについて1時間以内で学んでいただけます。 オンライン・レピュテーションの改善方法 効果的なプロモーションキャンペーンの構築方法 スペシャルオファーの構築方法 メタサーチで直接予約を増やせる理由とその方法 GDSをマスターするために必要なすべてを学ぶ40分 効率的なホテルウェブサイト作成におけるベストプラクティス トピックは今後も増えていきます! 弊社のエキスパートたちが、トピックに関するコツをご紹介し、参加者の皆様のご質問にお答えします。各ウェビナー後には、ウェビナーで使用したプレゼンテーションをお渡しいたします。 数百名ものホテル経営者の方々にご参加いただいたおかげで、FASTBOOKINGはウェビナーをさらに拡大することになりました。現在、英語、フランス語、イタリア語で開催されているウェビナーですが、近日中に日本語でもご開催させていただく事になりました! 今後も様々なウェビナーを開催予定です! ご興味のあるものを選択していただき、Eラーニングの仲間入りをしましょう。 ウェビナーのカレンダーを見る + 詳細はこちら

FASTBOOKINGは、過去数か月で、独立系ホテル経営者に関連する トピックに関する無料ウェビナーを開催しています。 ホテルのデジタル戦略の重要性が高まる中、旅行客を惹きつけるための新たなテクニックやコツを学ぶことへの関心が業界内で高まっています。短時間で行われるこれらのトレーニングは、貴重な時間をやりくりして市場革新について最新の情報を取り入れなければならないホテル経営者の皆様に好まれる形態となっています。 ホテル経営者の皆様からのフィードバックに基づき開発された、下記を含む様々なトピックについて1時間以内で学んでいただけます。 オンライン・レピュテーションの改善方法 効果的なプロモーションキャンペーンの構築方法 スペシャルオファーの構築方法 メタサーチで直接予約を増やせる理由とその方法 GDSをマスターするために必要なすべてを学ぶ40分 効率的なホテルウェブサイト作成におけるベストプラクティス トピックは今後も増えていきます! 弊社のエキスパートたちが、トピックに関するコツをご紹介し、参加者の皆様のご質問にお答えします。各ウェビナー後には、ウェビナーで使用したプレゼンテーションをお渡しいたします。 数百名ものホテル経営者の方々にご参加いただいたおかげで、FASTBOOKINGはウェビナーをさらに拡大することになりました。現在、英語、フランス語、イタリア語で開催されているウェビナーですが、近日中に日本語でもご開催させていただく事になりました! 今後も様々なウェビナーを開催予定です! ご興味のあるものを選択していただき、Eラーニングの仲間入りをしましょう。 ウェビナーのカレンダーを見る

partnership-connectivity

FASTBOOKINGとSmart eHotelsでGDSの販売機会を
活用しましょう:Relax!GDSを簡単にします。

Published

  ホテル経営者がGDSからの販売機会を活用できるようにするため、FASTBOOKINGは、Smart eHotelsと提携しました。RFPプロセスの管理をSmart eHotelsに外注することで、独立系ホテルと小規模ホテルチェーンのビジビリティーの最大化と、時間とリソース増加を支援することが可能になります。 2004年以降、Smart eHotelsは、GDSチャネル経由で法人契約レートのビジビリティーを上げることに焦点を当てています。500社超のグローバル企業、旅行代理店グループおよびTMC(American Express、Carlson WagonLit、HRGおよびBCD travelを含む)と提携しているSmart eHotelsにより、独立系ホテルと小規模ホテルグループの、GDS短期滞在客用ルームナイツの生産性の向上が可能になっています(GDSケアソリューションを利用しているFASTBOOKING提携ホテルは、2015年から2016年で予約件数が平均19%増加)。 Fortune 500のグローバル企業専門チームおよびTMC/コンソーシアと協働することで、RFPへの反応率が格段に上昇し、ホテルの国際的なプレゼンスの向上につながります。 FASTBOOKINGパートナーであるSmart eHotelsの提供するGDSケアプログラムにより、ホテル経営者の皆様は、世界的により多くの法人旅行客にリーチするため、特定のスキルを開発したり社内で専門チームを有することなく、RFPプロセスの全部または一部を外注することが可能です。   GDSに関するお問い合わせ   FGコードはご存知ですか? FASTBOOKINGは、独立系ホテル経営者が世界中の45万社の旅行代理店を経由してリアルタイムに販売できるよう、全GDSについてコネクティビティを開発しました。 FASTBOOKING提携ホテル用のGDSコードはFGです。 + 詳細はこちら

  ホテル経営者がGDSからの販売機会を活用できるようにするため、FASTBOOKINGは、Smart eHotelsと提携しました。RFPプロセスの管理をSmart eHotelsに外注することで、独立系ホテルと小規模ホテルチェーンのビジビリティーの最大化と、時間とリソース増加を支援することが可能になります。 2004年以降、Smart eHotelsは、GDSチャネル経由で法人契約レートのビジビリティーを上げることに焦点を当てています。500社超のグローバル企業、旅行代理店グループおよびTMC(American Express、Carlson WagonLit、HRGおよびBCD travelを含む)と提携しているSmart eHotelsにより、独立系ホテルと小規模ホテルグループの、GDS短期滞在客用ルームナイツの生産性の向上が可能になっています(GDSケアソリューションを利用しているFASTBOOKING提携ホテルは、2015年から2016年で予約件数が平均19%増加)。 Fortune 500のグローバル企業専門チームおよびTMC/コンソーシアと協働することで、RFPへの反応率が格段に上昇し、ホテルの国際的なプレゼンスの向上につながります。 FASTBOOKINGパートナーであるSmart eHotelsの提供するGDSケアプログラムにより、ホテル経営者の皆様は、世界的により多くの法人旅行客にリーチするため、特定のスキルを開発したり社内で専門チームを有することなく、RFPプロセスの全部または一部を外注することが可能です。   GDSに関するお問い合わせ   FGコードはご存知ですか? FASTBOOKINGは、独立系ホテル経営者が世界中の45万社の旅行代理店を経由してリアルタイムに販売できるよう、全GDSについてコネクティビティを開発しました。 FASTBOOKING提携ホテル用のGDSコードはFGです。

より多くのニュースを読み込む