Home- Privacy Policy

Personal Data Protection Policy

This Personal Data Protection Policy applies to Fastbooking and information collected through use of this website (www.fastbooking.com/) and online Fastbooking services related to the hospitality industry : « Website creation » and « Traffic Acquisition Program » :  (« Services »)


Personal information that we receive, collect or process from or on behalf of third parties, including our customers and business partners, is governed by the privacy policies of those third parties. For example, the personal information that we receive from individuals using our Services to make a hotel reservation at a particular hotel belongs to the hotel property and is governed by its privacy policy. We are not responsible for the policies or actions of our customers, business partners, or other third parties with respect to personal information.

What information do we collect?

  • Names and contact information from our customers and business partners and, in some cases, directly from individuals when we act as a contractor for our customers and partners in providing our Services; and from individuals who voluntarily submit it to us by requesting products, services or other information through this website, by participating in surveys or promotions or by engaging in other communications with Fastbooking.
  • When our customers grant staff administrator rights for Fastbooking, then we will also collect some personal information about these administrators in order to provide the services and for security reasons. This will include log-in details such as name, email address and password, IP address, time of access to the service, as well as a record of whether the administrator has accepted Fastbooking’s terms and conditions and privacy policy.
  • When individuals visit this website and the websites of our customers, we utilize cookies, tracking pixels, web beacons and other technologies to collect data that allows us to customize and improve user experience with our website and our Services. For example, these technologies allow us to identify whether an individual is a first time or return visitor and to provide faster data retrieval for return visitors. When an individual voluntarily submits information to us or one of our customers or business partners, we may associate this personal information with information gathered through these technologies so that we can offer increased personalization and functionality services to our customers or business partners.


What information do we receive from third parties?
The information above may be combined with information that we receive from other sources, including from third party business partners. For example, we may use third party information to confirm contact information or to better understand your interests by associating demographic information with the information you have provided.

How do we use this information, and what is the legal basis for this use?
We process this personal information for the following purposes:

  • To fulfill a contract, or take steps linked to a contract: this is relevant where you use our Services. This includes:
    • taking payments;
    • communicating with you;
    • providing customer services and provision of the Services. This includes reserving hotel accommodations and providing related Services to our customers and to individuals on behalf of our customers.
  • As required by Fastbooking to conduct our business and pursue our legitimate interests, in particular:
    • we will use your information to provide the Services you have requested, and respond to any comments or complaints you may send us;
    • we monitor use of our website and online services, and use your information to help us monitor, improve and protect our products, content, Services and website, both online and offline;
    • we use information you provide to personalise our website and Services for you;
    • to maintain and improve our Services, for example for testing and development purposes;
    • we monitor customer accounts to prevent, investigate and/or report fraud, terrorism, misrepresentation, security incidents or crime, in accordance with applicable law;
    • we provide industry-related analysis, reporting and marketing Services to our customers and other third parties in the hospitality industry;
    • we use information you provide to investigate any complaints received from you or from others, about our website or our Services;
    • we will use data in connection with legal claims, compliance, regulatory and investigative purposes as necessary (including disclosure of such information in connection with legal process or litigation);
  • Where you give us consent:
    • where required by law to send you direct marketing in relation to our relevant Services;
    • we place cookies and use similar technologies. See Use of Cookies and Similar Technologies below;
    • on other occasions where we ask you for consent, we will use the data for the purpose which we explain at that time.
  • For purposes which are required by law:
    •  in response to requests by government or law enforcement authorities conducting an investigation.


Onward Transfers
We will share your personal information between the Fastbooking partners companies for the purposes identified above.
We may utilize third party service providers to help us manage our business and provide goods and services to our customers and business partners. In particular, we use third party providers of website hosting, technology support and maintenance, call center operation, and marketing.

We may also share personal information with our customers and business partners for their own marketing and internal business purposes. If we share personal information with third parties, we require that they only use such information received from us for their intended purpose.

Fastbooking also may disclose any personal information as required by law, court order or other valid legal processes or in connection with a merger, acquisition, reorganization or sale of Fastbooking, any of Fastbooking’s business lines, or all or substantially all of Fastbooking’s assets or a Fastbooking business line’s assets.

Choice
Should you sign up for our email list and then change your mind and no longer wish to receive e-mail or periodic mailings from us in the future, please let us know by sending an e-mail to unsubscribe@fastbooking.com with your email address in the subject line. If you no longer wish to receive communications from our customers, business partners or affiliates, please contact them directly.

You can also adjust your Internet browser settings to refuse cookies. However, some Fastbooking features and services may not operate properly or as quickly if your cookies are disabled. To find out more about cookies, visit www.aboutcookies.org.

Use of Cookies and Similar Technologies
In addition, we deploy cookies, tracking pixels, web beacons and other technologies on our websites and those of our customers (in desktop and on mobile devices). These tools may be used by us, our customers, and third parties to collect information about you and your internet activity, even if you have turned on DNT.

Do Not Track (DNT) is a privacy preference that users can set in their web browsers. When an user turns on DNT, the browser sends a message to websites requesting that they don’t track the user. At this time, we ignore these signals.  We do not change our practices, described elsewhere in this privacy policy, in response to Do Not Track browser settings or signals. For information about DNT, visit www.allaboutdnt.org.

The cookies we set include retargeting cookies that collect information about your browsing habits in order to make advertising more relevant to you and your interests. They are also used to limit the number of times you see an advert as well as help measure the effectiveness of an advertising campaign.


Alternatively, you may wish to visit www.aboutcookies.org, which contains comprehensive information on how to do this on a wide variety of desktop. However, please note that if you select such settings you may be unable to assess certain parts of our site, or certain content or functionality may not be available. If you are in the EEA and would like to opt out of third party cookies relating to behavioural advertising, please go to www.youronlinechoices.eu.


Privacy Policy Updates
If we decide to change our privacy policy, we will post those changes on this site and notify you of material changes with an alert on the site or a communication to you.

Newsfeed

1   1  

Our dear Pierre Charles Grob leads and towards a new Read more here >>…

pcg

Pierre-Charles Grob氏をAvailpro and FASTBOOKINGの最高経営責任者(CEO)に指名

Published

合併作業を進めている、AccorHotelsグループの子会社であり姉妹会社のAvailproおよびFASTBOOKINGは、今夏、新たな最高経営責任者(CEO)にPierre-Charles Grobを指名しました。同氏は2014年以降、FASTBOOKINGのアジア担当マネージングディレクターを務め、FASTBOOKINGブランドの認知度と評判の向上に貢献してきました。 AccorHotelsのChief Disruption Officer兼Growth OfficerのThibaut Viortは、以下のとおり述べています。 「Grob氏は、グローバルなホスピタリティ業界でのキャリア、起業家精神に溢れた経歴、そして顧客志向の考え方を有しており、AvailproとFASTBOOKINGの成長を率い、両社をホテル業界向けソフトウェアパブリッシング領域における世界的リーダーとしていくために理想的な人材です。」 Availpro(2001年創業)とFASTBOOKING(2000年創業)は、オンライン販売を強化するためのEコマースソリューションを独立系ホテルおよびホテルグループに提供しています。ここ数年で、Availproは技術とコネクティビティー、FASTBOOKINGはUXとデジタルマーケティングと、それぞれが独自かつ認知度の高い専門性を高めてきました。両社は共に、ホスピタリティ業界向けの一流の様々な技術ソリューションを提供しており、現在、欧州とアジアのほぼ100か国で、1万件を超えるホテルを支援しています。 Pierre-Charles Grobは、以下のとおり述べています。「AvailproとFASTBOOKINGは互いに補完しあう存在です。それぞれのブランドのDNAやお客様との距離感を失うことなく、両社が有するソリューションの相乗効果を加速していくことが私の目標です。ホスピタリティ業界の進展はめまぐるしく、イノベーションも順調に起こっています。ホテル経営者には、迅速でディスラプティブな技術パートナーが必要です。私は、AvailProと FASTBOOKINGをホテル経営者から選ばれるパートナーにするつもりです。」   経営陣は、以下のとおりです。 Antoine Buhl : テクノロジー最高責任者 (CTO) Jean-Louis Boss : マーケティング・デジタルサービス最高責任者 Stephen Jacquier : 財務最高責任者 Christine Tan :… + 詳細はこちら

合併作業を進めている、AccorHotelsグループの子会社であり姉妹会社のAvailproおよびFASTBOOKINGは、今夏、新たな最高経営責任者(CEO)にPierre-Charles Grobを指名しました。同氏は2014年以降、FASTBOOKINGのアジア担当マネージングディレクターを務め、FASTBOOKINGブランドの認知度と評判の向上に貢献してきました。 AccorHotelsのChief Disruption Officer兼Growth OfficerのThibaut Viortは、以下のとおり述べています。 「Grob氏は、グローバルなホスピタリティ業界でのキャリア、起業家精神に溢れた経歴、そして顧客志向の考え方を有しており、AvailproとFASTBOOKINGの成長を率い、両社をホテル業界向けソフトウェアパブリッシング領域における世界的リーダーとしていくために理想的な人材です。」 Availpro(2001年創業)とFASTBOOKING(2000年創業)は、オンライン販売を強化するためのEコマースソリューションを独立系ホテルおよびホテルグループに提供しています。ここ数年で、Availproは技術とコネクティビティー、FASTBOOKINGはUXとデジタルマーケティングと、それぞれが独自かつ認知度の高い専門性を高めてきました。両社は共に、ホスピタリティ業界向けの一流の様々な技術ソリューションを提供しており、現在、欧州とアジアのほぼ100か国で、1万件を超えるホテルを支援しています。 Pierre-Charles Grobは、以下のとおり述べています。「AvailproとFASTBOOKINGは互いに補完しあう存在です。それぞれのブランドのDNAやお客様との距離感を失うことなく、両社が有するソリューションの相乗効果を加速していくことが私の目標です。ホスピタリティ業界の進展はめまぐるしく、イノベーションも順調に起こっています。ホテル経営者には、迅速でディスラプティブな技術パートナーが必要です。私は、AvailProと FASTBOOKINGをホテル経営者から選ばれるパートナーにするつもりです。」   経営陣は、以下のとおりです。 Antoine Buhl : テクノロジー最高責任者 (CTO) Jean-Louis Boss : マーケティング・デジタルサービス最高責任者 Stephen Jacquier : 財務最高責任者 Christine Tan : FASTBOOKINGアジアのセールスディレクターとして成功を収めた後、アジア担当最高責任者に就任。 Availpro創立者であり、AvailproとFASTBOOKINGの前最高経営責任者(CEO)であるPhilippe Lamarcheは、以下のとおり述べています。 「Grob氏と数か月を共にすることで、同氏が両社の発展に向けて両社を率いていくことのできる人材であると確信しました。業界や顧客に関する知識が深く、また、ホテル向けの革新的な技術ソリューションの領域においてこの新たな会社をリーダーに押し上げるための経験をアジアでの4年間で培ってきました。」     AvailproとFASTBOOKINGについて Availpro(2001年創業)とFASTBOOKING(2000年創業)は、世界のホスピタリティ業界向けの有数の技術プロバイダーです。デジタル販売の最適化を通じたホテルの収益増を実現に向けてホテル経営者を支援することを使命としています。両社は共に、ホテルウェブサイトを通じた直接予約、OTAやGDS経由の予約受注を目的とした幅広い商品およびサービスを顧客に提供しています。提供 する商品およびサービスには、CRS、コネクティビティー、ビジネスインテリジェンス、ウェブサイト制作およびデジタルメディアといったソリューションが含まれます。 AvailproとFASTBOOKINGの担当チームは、ほぼ100か国でホテル経営者に日常的なサポートとサービスを提供しています。 AvailproとFASTBOOKINGは、AccorHotels Groupの一員として、独立系ホテルに特化したデジタルおよび技術ソリューションを専門としています。 For media enquiries, please contact: >EUROPE Isabelle Falque        Global Marketing & Communications Director ifalque@fastbooking.net   >ASIA Yin Yin Wong  Marketing & Communications Director, Asia yywong@fastbooking.net

0   1  

RT Rachid, Head of Business Development in Europe & chief double espresso drinker at ResDiary, is speaking at the…

2   1  

time for Thanks to you for joining this last edition, and thanks…

ファストブッキングサーバーへの不正アクセスによる 個人情報および暗号化されたクレジットカード情報の流出について

Published

ファストブッキングは関係各社と緊密に連携し該当する顧客に支援を提供 科学捜査専門家が再発防止のためシステムを調査 ホテル予約システムソリューションを提供するファストブッキング(本社:パリ(仏)、最高経営責任者:フィリップ・ラマルシュ)は、本日、同社の管理するサーバーに外部者による不正アクセスがあったことを発表しました。不正アクセスは6月15日と6月17日(日本時間)に発生し、日本国内の宿泊施設の予約個人情報および暗号化されたクレジットカード情報が流出しました。現在、発生した不正アクセスは隔離され、攻撃ベクトルは排除されており、不正アクセスモードは既に修正済みです。ファストブッキングは、システムのより強固なセキュリティ確保に向け、第三者科学捜査専門家とともに調査を進めています。また、ファストブッキングは、現在影響のあった宿泊施設およびクレジットカード会社と緊密に連携をとり、該当するユーザーおよび関係者に対し対応と支援を提供しています。 2018年6月15日の不正アクセスにより流出した国内380の宿泊施設*の暗号化されていない個人情報(事象①): お客様の氏名および国籍 電話番号、住所、メールアドレス 予約金額、予約番号、予約ホテル名 チェックイン日、チェックアウト日 *住所は予約時にお客様に住所を入力いただかない場合は住所を除く 2018年6月17日の不正アクセスにより流出した国内189の宿泊施設*の暗号化された情報(事象②): クレジットカード名義人氏名 クレジットカード番号 クレジットカード有効期限 *うち168施設は事象①、②いずれにも該当   ファストブッキングは、不正アクセスの影響のあった宿泊施設にその旨を迅速に報告すると共に包括的な顧客支援ツールおよび情報を提供しています。また、クレジットカード会社各社は不正アクセスの報告を受け、直ちにカード所有者保護措置を実施しています。これまでに流出した個人情報あるいはクレジットカード情報が悪用される等の被害の報告はございません。   ファストブッキングの最高経営責任者であるフィリップ・ラマルシュは、次のように述べています。「この度、当社サーバーに対する不正アクセスにより影響のありましたパートナーの皆さまをはじめお客様には、多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。ファストブッキングはお客様の個人情報保護に真剣に取り組んでおり、この度、第三者専門家によるシステムの追加検証およびストレステストを実施し、サイバー攻撃を防ぐより強化したセキュリティ対策を講じております。」   不正アクセスの影響のあった宿泊施設各社は、該当するお客様への通知およびお客様ごとの状況に応じた支援を行っておりますが、ファストブッキングは各社の許可を得ることなく特定の宿泊施設名を開示することはいたしません。   Fastbooking(ファストブッキング)について ファストブッキングはホテル業界を対象に、直接販売戦略を増強する最先端の e コマース・ソリューションを提供しています。当社がご提案する各種ソリューションは先端のクラウドプラットフォームを採用しています。当社の実績あるデジタル・マーケティング・ツールを利用することにより、ホテルはブランドの可視性を高め、インターネットやモバイル・チャネルを通した客室のオンライン直接販売を増強することができます。世界90 数カ国で、ホテル経営者のみなさまが当社のソリューションを最大活用し、独立性を維持できるよう、当社のローカルスタッフが日々サポートを提供しています。 報道関係者窓口: アシュトン・コンサルティング 東川・吉田 Tel: 03-5425-7220 Mail: FastbookingPRJapan@ashton.jp + 詳細はこちら

ファストブッキングは関係各社と緊密に連携し該当する顧客に支援を提供 科学捜査専門家が再発防止のためシステムを調査 ホテル予約システムソリューションを提供するファストブッキング(本社:パリ(仏)、最高経営責任者:フィリップ・ラマルシュ)は、本日、同社の管理するサーバーに外部者による不正アクセスがあったことを発表しました。不正アクセスは6月15日と6月17日(日本時間)に発生し、日本国内の宿泊施設の予約個人情報および暗号化されたクレジットカード情報が流出しました。現在、発生した不正アクセスは隔離され、攻撃ベクトルは排除されており、不正アクセスモードは既に修正済みです。ファストブッキングは、システムのより強固なセキュリティ確保に向け、第三者科学捜査専門家とともに調査を進めています。また、ファストブッキングは、現在影響のあった宿泊施設およびクレジットカード会社と緊密に連携をとり、該当するユーザーおよび関係者に対し対応と支援を提供しています。 2018年6月15日の不正アクセスにより流出した国内380の宿泊施設*の暗号化されていない個人情報(事象①): お客様の氏名および国籍 電話番号、住所、メールアドレス 予約金額、予約番号、予約ホテル名 チェックイン日、チェックアウト日 *住所は予約時にお客様に住所を入力いただかない場合は住所を除く 2018年6月17日の不正アクセスにより流出した国内189の宿泊施設*の暗号化された情報(事象②): クレジットカード名義人氏名 クレジットカード番号 クレジットカード有効期限 *うち168施設は事象①、②いずれにも該当   ファストブッキングは、不正アクセスの影響のあった宿泊施設にその旨を迅速に報告すると共に包括的な顧客支援ツールおよび情報を提供しています。また、クレジットカード会社各社は不正アクセスの報告を受け、直ちにカード所有者保護措置を実施しています。これまでに流出した個人情報あるいはクレジットカード情報が悪用される等の被害の報告はございません。   ファストブッキングの最高経営責任者であるフィリップ・ラマルシュは、次のように述べています。「この度、当社サーバーに対する不正アクセスにより影響のありましたパートナーの皆さまをはじめお客様には、多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。ファストブッキングはお客様の個人情報保護に真剣に取り組んでおり、この度、第三者専門家によるシステムの追加検証およびストレステストを実施し、サイバー攻撃を防ぐより強化したセキュリティ対策を講じております。」   不正アクセスの影響のあった宿泊施設各社は、該当するお客様への通知およびお客様ごとの状況に応じた支援を行っておりますが、ファストブッキングは各社の許可を得ることなく特定の宿泊施設名を開示することはいたしません。   Fastbooking(ファストブッキング)について ファストブッキングはホテル業界を対象に、直接販売戦略を増強する最先端の e コマース・ソリューションを提供しています。当社がご提案する各種ソリューションは先端のクラウドプラットフォームを採用しています。当社の実績あるデジタル・マーケティング・ツールを利用することにより、ホテルはブランドの可視性を高め、インターネットやモバイル・チャネルを通した客室のオンライン直接販売を増強することができます。世界90 数カ国で、ホテル経営者のみなさまが当社のソリューションを最大活用し、独立性を維持できるよう、当社のローカルスタッフが日々サポートを提供しています。 報道関係者窓口: アシュトン・コンサルティング 東川・吉田 Tel: 03-5425-7220 Mail: FastbookingPRJapan@ashton.jp

digital_tips_connectivity_EN

予約に至るまでのプロセスのインフラストラクチャを強化し、ゲストを逃さないようにしましょう!

Published

弊社とSerenata社は、シームレスな接続と最高クラスのソリューションを用いてホテルの直接販売を強化することを目的とし、協働しています。 弊社とSerenata社は、すべてをワンストップでシームレスな接続を通してホテルの直接販売を強化することを目的としてコラボレートしています。このコラボレーションは、ホテルウェブサイトに質の高いトラフィックをもたらし、記憶に残る体験をあらゆるゲストに提供すための最高級のEコマースとCRMソリューションをホスピタリティ業界に提供します。 tnooz.comによると、ホテルの新規顧客獲得コストは、ホテルにより異なるものの、通常だと客室収益の15から20%、顧客リテンションにかかるコストは、新規顧客の獲得の5分の1で済むと言っています。 ゲストのリテンションの重要性と直接販売を伸ばすための戦いを考慮し、多くのホテルは今日、将来の予約行動に影響を与えることを目的としてデジタルコミュニケーションの効率性のメリットを活かすべく、このインフラを再評価し強化しています。 Serenata社のCEOであるDieter Dirnbergerは、次のとおり述べています。「FASTBOOKINGと提携していることを名誉と感じています。シームレスなソリューションにより、ホテル経営者は、お客様との関係性を深め、お客様のライフタイムジャーニーを通じてロイヤリティを刺激できるようになるでしょう。」 弊社とSerenata社は、この提携関係を一層強め、ホテル経営者の皆様への支援に一層注力することを目的とし、2018年Hotel Digital Labツアーにおいて、ベストプラクティスについてご紹介する予定です。Hotel Digital Labは、Serenata社のような業界リーダーたちが率いるホテル経営者向けのせセミナーです。ホテル経営者の皆様には、お近くで開催されるHotel Digital Labへ無料でご参加いただけます(www.hoteldigitallab.com)。今年は、予約に至るまでのプロセスの再考をテーマとしています。皆様には、アクイジションからコンバージョン、そして最終的にはリテンションにおける、即効性のある統括的なソリューションを提供します。 FASTBOOKINGアジア・マネージングディレクターのPierre-Charles Grobは、次のとおり述べています。「最高級のソリューションをすべてワンステップでホスピタリティ業界に提供するためにSerenata社とコラボレートできることを喜ばしく思っています。デジタル変革の高まりの中、ホテル経営者たちは、今後に及ぼす大きな影響を理解しています。本カンファレンスとSerenata社との提携は、皆様がホテル経営者としてどの立ち位置にいるべきかの方向性を示すものです。」   メディア関連のお問い合わせは、下記窓口で受け付けております。 Isabelle Falque Global Marketing & Communications Director, FASTBOOKING     About FASTBOOKING FASTBOOKINGは、直接販売の戦略を強化するための、最先端のEコマースソリューションをホテルに提供しています。最新のクラウドプラットフォームを基盤とするソリューションと、経験豊富なデジタルマーケティングの専門家が、オンラインとモバイルのチャネルを通じてホテルのブランド認知度を高め、オンライン販売を促します。90カ国以上の地域で担当チームがホテル経営者に日常的なサポートを行い、ソリューションの活用と独立性の維持を支援します。 FASTBOOKINGは2000年に設立され、独立系ホテルに特化したデジタルソリューションの提供を専門としています。   About FASTBOOKING’s Hotel… + 詳細はこちら

弊社とSerenata社は、シームレスな接続と最高クラスのソリューションを用いてホテルの直接販売を強化することを目的とし、協働しています。 弊社とSerenata社は、すべてをワンストップでシームレスな接続を通してホテルの直接販売を強化することを目的としてコラボレートしています。このコラボレーションは、ホテルウェブサイトに質の高いトラフィックをもたらし、記憶に残る体験をあらゆるゲストに提供すための最高級のEコマースとCRMソリューションをホスピタリティ業界に提供します。 tnooz.comによると、ホテルの新規顧客獲得コストは、ホテルにより異なるものの、通常だと客室収益の15から20%、顧客リテンションにかかるコストは、新規顧客の獲得の5分の1で済むと言っています。 ゲストのリテンションの重要性と直接販売を伸ばすための戦いを考慮し、多くのホテルは今日、将来の予約行動に影響を与えることを目的としてデジタルコミュニケーションの効率性のメリットを活かすべく、このインフラを再評価し強化しています。 Serenata社のCEOであるDieter Dirnbergerは、次のとおり述べています。「FASTBOOKINGと提携していることを名誉と感じています。シームレスなソリューションにより、ホテル経営者は、お客様との関係性を深め、お客様のライフタイムジャーニーを通じてロイヤリティを刺激できるようになるでしょう。」 弊社とSerenata社は、この提携関係を一層強め、ホテル経営者の皆様への支援に一層注力することを目的とし、2018年Hotel Digital Labツアーにおいて、ベストプラクティスについてご紹介する予定です。Hotel Digital Labは、Serenata社のような業界リーダーたちが率いるホテル経営者向けのせセミナーです。ホテル経営者の皆様には、お近くで開催されるHotel Digital Labへ無料でご参加いただけます(www.hoteldigitallab.com)。今年は、予約に至るまでのプロセスの再考をテーマとしています。皆様には、アクイジションからコンバージョン、そして最終的にはリテンションにおける、即効性のある統括的なソリューションを提供します。 FASTBOOKINGアジア・マネージングディレクターのPierre-Charles Grobは、次のとおり述べています。「最高級のソリューションをすべてワンステップでホスピタリティ業界に提供するためにSerenata社とコラボレートできることを喜ばしく思っています。デジタル変革の高まりの中、ホテル経営者たちは、今後に及ぼす大きな影響を理解しています。本カンファレンスとSerenata社との提携は、皆様がホテル経営者としてどの立ち位置にいるべきかの方向性を示すものです。」   メディア関連のお問い合わせは、下記窓口で受け付けております。 Isabelle Falque Global Marketing & Communications Director, FASTBOOKING     About FASTBOOKING FASTBOOKINGは、直接販売の戦略を強化するための、最先端のEコマースソリューションをホテルに提供しています。最新のクラウドプラットフォームを基盤とするソリューションと、経験豊富なデジタルマーケティングの専門家が、オンラインとモバイルのチャネルを通じてホテルのブランド認知度を高め、オンライン販売を促します。90カ国以上の地域で担当チームがホテル経営者に日常的なサポートを行い、ソリューションの活用と独立性の維持を支援します。 FASTBOOKINGは2000年に設立され、独立系ホテルに特化したデジタルソリューションの提供を専門としています。   About FASTBOOKING’s Hotel Digital Lab Hotel Digital Labは、デジタルかつデータ主導の世界で利益を増やすことを目的とした、ホテル経営者向けの学習ラボです。 業界リーダーたちが指揮を執る、ホテル経営者向けの本カンファレンスは、ホテル経営者が懸念する目下の問題を取り上げ、ディストリビューションの基盤を形成する即効性のある総括的なリューションを提供するものです。 アクイジションからコンバージョン、そして最終的にはリテンションまで、予約の流れを再考し再概念化する機会をホテル経営者の皆様に提供します。   About Serenata Serenata Smart CRM Suite‐ゲストジャーニー全体にわたるデジタルコミュニケーションに革新をもたらす 予約が行われたその瞬間からゲストをエンゲージし、ホテル滞在中の体験を高め、次回の滞在の予約に向けてインスピレーションを提供します。Serenata Smart CRM Suiteを使えば、ホテルにとって最も大切な資産のひとつであるゲストデータを活用し、ホテル滞在前、滞在中、そして滞在後にもゲストをエンゲージし、顧客のライフタイムジャーニーを通じてロイヤリティを刺激し、新たな「最適」ゲストを獲得することが可能になります。 Serenata社は、HEBS DigitalとSerenata CRMにより構成される、ホスピタリティ業界向けのテクノロジーとデジタルマーティングの融合企業、NextGuest Technologiesの一員です。Serenata社の最先端の技術と革新的な戦略、デザイン、そしてデジタルマーケティングの専門知識を組み合わせることで、ゲストエンゲージメント、アクイジション、そしてマーケティングプラットフォームを完全に統合し、予約プロセスを完結させています。 https://www.serenata.com https://www.nextguesttech.com   出典: *https://www.tnooz.com/article/major-study-hotel-spending-guest-acquisition-outpacing-revenue-growth/ ** https://travel.hostfully.com/5-reasons-why-guests-leave-your-hotel-unhappy-8dee42174ea6  

Mockups Design

マーケティング戦略のプロバイダーを選択する際には適切な判断が必要です

Published

ホテルマーケティングに関する技術環境は、年々進展しています。サービス、ツール、そしてプロバイダーの増加により、適切なプロバイダーを選択するのは一層困難な作業となっています。プロバイダーを決定する際には、技術の質、革新のスピード、そして何に最もフォーカスしているかは重要な要素です。そして、それらと同等またはそれ以上に重要なのが、ホテル経営者とプロバイダーとの関係性です。プロバイダーのサービス内容はどんなものでしょうか?ホテルが属する市場に対する知識を持ち合わせていますか?ホテル側のニーズを理解していますか? もし上記の質問に対する回答の大部分が”いいえ”であれば、他を当たるべきです。 2017年8月、当社は、ホテルマーケティング戦略プロバイダーの主要カテゴリーチャートを作成しました。当時、当社でも適切なプロバイダーの選択方法について短い議論が交わされました。そして、様々な要素を俯瞰的に掴むためのチャートとガイドラインをホテル経営者とホテルマーケティング担当者に提供できるようにしたいと考えました。おそらく皆様はすでに複数プロバイダーを有しているでしょうから、最も必要とするプロバイダーを選択できるよう、チャートをカード形式でも提供することにしました。 カテゴリーごとにカードを見るにはスクロールダウンしてください。 まずは、プロバイダーを選択する際に考慮すべき非技術面での4つのスキルを見ていきましょう。   4つのソフトスキル 本記事に含まれている上記チャートでは、プロバイダー候補に求めるべき技術的な専門知識と機能を網羅しています。同時に、少なくとも技術スキルと同等に重要な、プロバイダーに求めるべき「ソフトスキル」についてもカバーしています。 1. 知識 + 詳細はこちら

ホテルマーケティングに関する技術環境は、年々進展しています。サービス、ツール、そしてプロバイダーの増加により、適切なプロバイダーを選択するのは一層困難な作業となっています。プロバイダーを決定する際には、技術の質、革新のスピード、そして何に最もフォーカスしているかは重要な要素です。そして、それらと同等またはそれ以上に重要なのが、ホテル経営者とプロバイダーとの関係性です。プロバイダーのサービス内容はどんなものでしょうか?ホテルが属する市場に対する知識を持ち合わせていますか?ホテル側のニーズを理解していますか? もし上記の質問に対する回答の大部分が”いいえ”であれば、他を当たるべきです。 2017年8月、当社は、ホテルマーケティング戦略プロバイダーの主要カテゴリーチャートを作成しました。当時、当社でも適切なプロバイダーの選択方法について短い議論が交わされました。そして、様々な要素を俯瞰的に掴むためのチャートとガイドラインをホテル経営者とホテルマーケティング担当者に提供できるようにしたいと考えました。おそらく皆様はすでに複数プロバイダーを有しているでしょうから、最も必要とするプロバイダーを選択できるよう、チャートをカード形式でも提供することにしました。 カテゴリーごとにカードを見るにはスクロールダウンしてください。 まずは、プロバイダーを選択する際に考慮すべき非技術面での4つのスキルを見ていきましょう。   4つのソフトスキル 本記事に含まれている上記チャートでは、プロバイダー候補に求めるべき技術的な専門知識と機能を網羅しています。同時に、少なくとも技術スキルと同等に重要な、プロバイダーに求めるべき「ソフトスキル」についてもカバーしています。 1. 知識 そのプロバイダーは、過去にホテルに対し業務提供したことがありますか?皆様が達成したい目標についてよく理解していますか? 皆様のホテル事業の重要な部分が特定の国に依存している場合、そのプロバイダーは、そのような市場における販売方法を知っていますか?プロバイダーを決定する前に、このような点について確認したほうが良いでしょう。 2. 方針 長期にわたるパートナー関係を築くためには、企業方針が重要です。 プロバイダーの企業方針を確認しましょう。ホテルマーケティングに関するプロバイダーのビジョンはどのようなものでしょうか?コンバージョンのみに焦点を当てている会社は、ある時点では皆様のホテルにとって適切な会社かもしれませんが、ブランドを構築するには、最終トランザクションに過度に焦点を当てる以上のことが求められます。 そのプロバイダーは、皆様のホテルのブランド、そしてホテルのゲストとブランドにとって何が価値あるものかを理解していますか?ウェブサイトに数多くのウィジェットを追加すれば、コンバージョンはおそらく上がるでしょう。ただ、それが、ゲストのホテルに対する認識にどのように影響するでしょうか? 選択したパートナーの企業方針によって、そのパートナーとの関係性が将来どのように進化するか変わってくるのです。 3. 理解 皆様の現時点でのニーズは何でしょうか?明日は何でしょうか?ホテルは生き物です。異なるタイミングで、異なる立ち位置にいるということです。 ホテルの開業には、既存のホテルのマーケティングとは著しく異なるアプローチが必要です。また、老舗ホテルであっても、異なるタイミングで、ニーズは大きく異なります。優れたウェブサイトとレート戦略が整い、そこに効果的なディストリビューションが伴えば、ホテルの抱えるニーズは確実に変わるでしょう。 当社は常に、直接販売の観点から物事を捉えること(Think Direct)をホテルに奨励しています。とはいえ、直接収益の増加には、ホテル収益を全体的な視点で理解することも必要です。 ホテルの現時点でのニーズは何ですか?明日のニーズは何ですか?ホテルは生き物であり、その立ち位置は、それぞれの時点で異なります。 重要なのは、ホテルのニーズと将来的な目標を理解することであり、それによりパートナーの選択も変わってきます。すなわち、ある段階ではあるプロバイダーを選択し、次の段階に達したら別のプロバイダーに差し替えることもあり得るということです。 4. コミュニケーション クライアントとしては、迅速なコミュニケーションと、追加費用を伴わない24時間365日のプロバイダー対応を望むものです。それができれば素晴らしいですが、いつも可能とは限りません。そこで妥協が必要となります。ホテルのニーズとの適切なバランスを見つけられるでしょうか? 確認するための最適の方法は、自分たちと同様のニーズを有する他クライアントに聞くことです。もちろん役立つ契約条件は存在しますが、ご存じのとおり、契約書の主な役割は、物事がうまく運ばなかったときの予備プランです。 さて、ソフトスキルを分析したところで、技術的なサービスと機能、すなわち、プロバイダーを決定する際に求めるべき”ハードスキル”を分析していきましょう。   + 詳細はこちら

trustyou

ケーススタディ ビーチコマー・フレンチ・リヴィエラ

Published

ビーチコマー・フレンチ・リヴィエラ・ホテルは、TrustYou (トラスト・ユー)とFASTBOOKING(ファストブッキング)のシステムが 連 携 している 事 もあり、2016 年 9 月 からTrustYou(トラスト・ユー)のソ リューションを 使 用 しています。FASTBOOKING (ファストブッキング)のシステムは、TrustYou(トラスト・ユー)のプラット フォームを通じて、予約からチェックアウト後までお客様にご満足いた だけるよう、あらゆる 局 面… + 詳細はこちら

ビーチコマー・フレンチ・リヴィエラ・ホテルは、TrustYou (トラスト・ユー)とFASTBOOKING(ファストブッキング)のシステムが 連 携 している 事 もあり、2016 年 9 月 からTrustYou(トラスト・ユー)のソ リューションを 使 用 しています。FASTBOOKING (ファストブッキング)のシステムは、TrustYou(トラスト・ユー)のプラット フォームを通じて、予約からチェックアウト後までお客様にご満足いた だけるよう、あらゆる 局 面 でホテルをサポートし、オンラインでのホテ ルの 評 価 ・ 評 判 に 影 響 を 与 えています。ホテルは、 FASTBOOKING(ファストブッキング)のシステムを通して、TrustYou Survey (トラスト・ユー サーベイ)・オンラインアンケート調査ツールの 簡易版を無料でご利用いただけます。このツールを使用することで、 宿泊したお客様へのオンラインアンケートを作成し、ホテル滞在後の 貴重な意見を直接収集することができます。 モーリシャスやフランスで9軒のホテルを展 開するビーチコマー・ホテ ル&リゾーツの 一 員 として、ビーチコマー・フレンチ・リヴィエラは、 宿 泊客の滞在中の体験をより良いものにし、ホテル全体の評価やスコ アの向上を目指すために、宿泊客のフィードバック収集に重点的に取 り組んでいます。 これらの目標を達成するため、ビーチコマー・フレンチ・リヴィエラは昨…

BlogPost1

ホテルウェブサイトのコンバージョン率に関する真実

Published

ホテルウェブサイトの平均コンバージョン率は2.2%、上位20%のホテルでは5.6%、下位20%では0.3%となっています。この平均値は自らのホテルのベンチマーク時には実用的かもしれませんが、個別に使うのはほぼ不可能でしょう。   ホテルウェブサイトのコンバージョン率は、非常に多くの要素により決定されるため、業界平均にとどきたいという欲求に惑わされるべきではありません。むしろ、コンバージョン率の構成要素を理解し、各ポイントを改善すべく尽力しなくてはなりません。 ホテルのディストリビューションとテクノロジーのフルサービス企業として、FASTBOOKINGは、何千ものホテルウェブサイトデータにアクセス可能です。優れたコンバージョン率とは何なのか頻繁に質問を受けるため、世界中の大都市、小都市、ビーチリゾート、そしてビジネス地区に散らばる何百ものホテルから得たデータへのディープダイブを実施しました。広範なデータをまとめるため、チェーンホテル、ホテルグループ、個別ホテルについて検討しました。 そのようなすべての調査と、弊社の専門家とクライアントアドバイザーとの検討及び共同作業から、ホテルウェブサイトのコンバージョン率の成否を決める要素の概要と、ホテル経営者が講じることのできる対応策をまとめました。これには、懸念に値すべき点とそうでない点についてのコツも何点か含まれています。 ホテルのウェブサイトにとって優れたコンバージョン率とは何なのでしょうか? 非常に頻繁に受ける質問ですが、答えるのは、予想よりはるかに難しいかもしれません。そもそも、「コンバージョン」という用語の定義は何でしょうか。Googleによると、コンバージョンは、ウェブサイトのビジター(またはアプリユーザー)が「ゴール」と定義される「アクション」を起こしたときに生じるものです。 ここで次に、「それがホテル業界にとって何を意味するのか」という論理的な疑問が生じます。ホスピタリティ業界では、「コンバージョン率」という一般用語は、ウェブサイトセッション数と予約完了数の比率を意味します。 ホテルウェブサイトのコンバージョン率を測定し正確な比較を行うため、弊社では、コンバージョン率を、同期間におけるウェブサイトのセッション総数に対して入れられた予約数と定義しました。… + 詳細はこちら

ホテルウェブサイトの平均コンバージョン率は2.2%、上位20%のホテルでは5.6%、下位20%では0.3%となっています。この平均値は自らのホテルのベンチマーク時には実用的かもしれませんが、個別に使うのはほぼ不可能でしょう。   ホテルウェブサイトのコンバージョン率は、非常に多くの要素により決定されるため、業界平均にとどきたいという欲求に惑わされるべきではありません。むしろ、コンバージョン率の構成要素を理解し、各ポイントを改善すべく尽力しなくてはなりません。 ホテルのディストリビューションとテクノロジーのフルサービス企業として、FASTBOOKINGは、何千ものホテルウェブサイトデータにアクセス可能です。優れたコンバージョン率とは何なのか頻繁に質問を受けるため、世界中の大都市、小都市、ビーチリゾート、そしてビジネス地区に散らばる何百ものホテルから得たデータへのディープダイブを実施しました。広範なデータをまとめるため、チェーンホテル、ホテルグループ、個別ホテルについて検討しました。 そのようなすべての調査と、弊社の専門家とクライアントアドバイザーとの検討及び共同作業から、ホテルウェブサイトのコンバージョン率の成否を決める要素の概要と、ホテル経営者が講じることのできる対応策をまとめました。これには、懸念に値すべき点とそうでない点についてのコツも何点か含まれています。 ホテルのウェブサイトにとって優れたコンバージョン率とは何なのでしょうか? 非常に頻繁に受ける質問ですが、答えるのは、予想よりはるかに難しいかもしれません。そもそも、「コンバージョン」という用語の定義は何でしょうか。Googleによると、コンバージョンは、ウェブサイトのビジター(またはアプリユーザー)が「ゴール」と定義される「アクション」を起こしたときに生じるものです。 ここで次に、「それがホテル業界にとって何を意味するのか」という論理的な疑問が生じます。ホスピタリティ業界では、「コンバージョン率」という一般用語は、ウェブサイトセッション数と予約完了数の比率を意味します。 ホテルウェブサイトのコンバージョン率を測定し正確な比較を行うため、弊社では、コンバージョン率を、同期間におけるウェブサイトのセッション総数に対して入れられた予約数と定義しました。 コンバージョン率の例: また弊社では、ラストクリックアトリビューションモデルのみを使用してデータを表示することにしました。ご存知かもしれませんが、本モデルの限界として、コンバージョンの貢献度の100%がユーザーとの最後の接点に割り当てられるため、予約の全行程を通じたインターアクションとブランドエンゲージメントの測定がマーケターにとって困難になることが挙げられます。その一方、コンバージョンのアトリビューションが(とりわけGoogleが5月にアトリビューション360の無料簡易版を導入以降)我々の業界で最もホットな話題であるにもかかわらず、ユーザーとブランドの最後のインタラクションに基づくコンバージョンの計算が一般的に行われています。おそらく、皆様または皆様のウェブ代理店も本モデルを使用しているでしょう。ですから、便宜上、また、皆様がご自身の数字と比較しやすい数字を提供するため、その本質的制限に関わらず、ラストクリックアトリビューションモデルを使用することにしました。 また、キャンセルは一切考慮しないことにしました。 Mirai Study , によると、ホテルの公式ウェブサイトの平均キャンセル率は19%です。つまり、コンバージョン率計算の際に考慮しうる変数です。では、なぜキャンセルを切り捨てることにしたのでしょうか?通常、キャンセルは滞在日が近づいてから生じるため、今月のコンバージョン率(まだキャンセルが生じていない状態)を昨年の同月のコンバージョン率(遡及的にキャンセルを取り除いた状態)と比較すると、改善したという誤った感覚を与えてしまうことが理由です。 前述の例をもう一度見てみましょう: これが、2017年11月の皆様のウェブサイトのコンバージョン率だと仮定してください。より分かりやすくするため、これらが12月から1月の滞在の予約だとしましょう。 この2か月間で、27件の予約がキャンセルされます。そこで上記の例を今一度見てみると、当初の144件の予約が実際は117件になり、コンバージョン率が2.2%から1.78%に落ちることが分かります。ところが、今月について、データを遡及的に分析できないため、コンバージョン率計算時にキャンセルを切り捨てないと、常に前年より優れた結果が(実際はそうでなかったとしても)出てしまうことになります。 使用した手法に関する最後の注記として、冒頭で述べたとおり、コンバージョン計算に際しては、大局的に物事を捉え、全体像を理解することが重要です。より大きな客室を備えたホテルは通常、客室だけでなく、会議設備、飲食サービスおよびウェルネストリートメントも販売しているため、よりトラフィックが多く、従ってコンバージョンが低い傾向があります。これらの付帯サービスはすべて、ウェブサイトに多くのトラフィックを惹きつけますが、客室予約にコンバージョンする可能性が低いローカルトラフィックが主となっています。会議要請、ディナー予約およびマッサージ予約は、実際にはコンバージョンではありますが、本研究では、客室取引のみに焦点を当てています。ですから、もしホテルで客室以外のサービスも販売している場合、Googleアナリティクスで、会議&イベント、レストランおよびスパのページのセッションを除外することでトラフィックをセグメントし、データセットからこれらのユーザーを除いた残りのトラフィックに基づきコンバージョン率を再計算することを推奨します。   トラフィックソース別コンバージョン率 コンバージョン率に関しては、多くの変数が役割を果たしていますが、その一つがトラフィックの質です。原則として、トラフィックがより適切であるほど、コンバージョン率は高くなります。 この点に留意すれば、Google Hotel Adsが4.17%、Facebookディスプレイが3.21%、TripAdvisorメタ検索のPPC広告が2.34%と、ターゲット広告キャンペーンが最高のコンバージョン率を出すことは当然です。

digital tips social media

ソーシャルメディアでホテルを紹介しましょう

Published

今日、30億もの人々もがソーシャルメディアを利用しています。 ソーシャルメディアは、新規顧客のエンゲージメントからSEOの検索順位の向上まで、旅行客のリサーチと予約行程においてホテルの販売を促進し、ビジビリティーを向上する素晴らしいツールです。 さらに、モバイルトレンドによりソーシャルメディアはそのパワーを増し、消費者の旅行検索や予約方法を変えています。 では、ホテルはどのようにソーシャルメディアを活用できるでしょうか?以下の記事をお読みください。   どのソーシャルメディアを選ぶべきでしょうか? ソーシャルメディアのチャネルが増え続けている今日、ユーザーが「本来の意味を見失う」のは、いとも簡単です。 以下は、すべてのホテルが検討すべき、B2C向けのソーシャルメディアの上位3位です。 >2017年第3四半期のアクティブユーザー数が20.7億人超*と、1年で16%*の成長を遂げているFacebookから、私たちは逃れることができません。とりわけ、Facebookユーザーの最大の関心事は、外出、飲食、ファッションを抑え、旅行が第一位となっています。ミレニアル世代の87%**が旅行のインスピレーションを求めてFacebookを使用していることを鑑みると、いかなるホテルも、ビジビリティー向上のためにページを作成すべきです。 >ビジュアルコンテンツ(ホテルについて伝えるには最も効果が高い方法の1つであることは間違いありません)に基づくInstagramを使用すれば、ホテルのブランド認知を向上できます。感情に訴えかける写真とビデオがあれば、旅行客が皆様のホテルを予約する可能性が高くなります。「Instagramユーザーの70%が、Instagram上での広告を目にした後、ウェブサイト訪問等何らかのアクションを取っています。」** >3つ目の鍵となるプレーヤーはTwitterです。「Twitterユーザーの66%**が、新たな中小企業をTwitter上で発見したことがあります。それら中小企業から94%**が購入予定で、69%が購入済みとなっています。」Twitterユーザーの30%を構成するアメリカ人に続く上位3位は、日本人、メキシコ人、そしてブラジル人です。毎秒投稿される膨大なツイートの中で一歩秀でるには、キャッチ-かつシェアされやすいツイートを投稿することが必要不可欠です。 リーチしたい顧客と市場により、その他プラットフォームを検討したほうが良いこともあります。例えば、中国市場であれば、大手のWeChatがあげられるでしょう。 また、リソースと予算に応じて、YouTube、SnapChat、PinterestまたはLinkedInのようなその他ソーシャルメディアも積極的に活用しましょう。   どのようなコンテンツを使えるのでしょうか? フォロワーにどのような情報を伝えるべきか迷ったら、旅行者の立場になって、自分だったらどのようなコンテンツを見たいか考えてみましょう。ここで、いくつかのアイディアをご紹介します。 インターネットで最も好まれるコンテンツは、ビデオのアップロードです!例えば、ホテルで開催中のイベントのライブストリーミングをしたり、GIFを作成することができます。 お客様がホテルでの滞在やサービス(スパ、レストラン等)を満喫している瞬間や場面をとらえている、「ライフスタイル」を表す写真を投稿してみましょう。 ホテル所在地のコンテンツや滞在のヒント(旅行者の執筆した記事、ブログ、タイムアウト誌等)をシェアしましょう。 コツ:ユーザーが作成したコンテンツを活用しましょう。無料ですし、検索する必要がありません! エンゲージメントを生み出すにはどうすれば良いでしょうか? ソーシャルメディアで目立つための戦略をいくつかご紹介します。 > Less is more! 簡潔に、写真を使ってポイントを伝えましょう。文章の場合、英語とホテル所在地の現地言語を使いましょう。 > 新規フォロワーの獲得は重要ですが、それと同じくらい重要なのが獲得したフォロワーの維持です。フォロワーのエンゲージメントを高めるには、頻度と一貫性が鍵となります。 Simply MeasuredによるInstagramの調査によると、「ネットワーク上のブランドコンテンツに対するユーザーの受容度がより高くなっており、アクティブなブランドがより多くのエンゲージメントを生み出しています。」 > #ハッシュタグを使いましょう!最低でも1つのハッシュタグを付けている投稿は、平均で12.6%高いエンゲージメントを生み出しています** 。効率を上げるには、大規模なユーザーコミュニティに必ずリーチできるよう、ハッシュタグが十分包括的なものでなくてはなりません。ハッシュタグを作成し、キャンペーンに紐づけましょう。そして、ユーザーが敏感に反応するテーマを使いましょう。ニュースの内容によっては、トレンドとなっているハッシュタグ(#Paris2024、#Diwali、#ChineseNewYear、#MostraVenezia等)、または定期的かつ広範囲で使われているハッシュタグ(#TravelTuesday、#TGIF等)を使うこともできます。 ホテルが一般的に使うハッシュタグとしては以下が挙げられます。 #「ホテル名」#citybreak #resort #hotel #boutiquehotel #destination #pool > 自分たちのストーリーを語りましょう! 「ストーリー」でフォロワーに共有する動画をユーザーが作成できるようになってから、Instagramは飛躍し、モバイルの利用をより活発なものにしています。実際、ストーリーは、ホテルのプロモーション、イベントまたは設備等についてリアルタイムな情報を共有できるパワフルかつ直感的な方法であり、フォロワーにホテルの最新ニュースを伝え続けることが可能です。 > 3, 2, 1, go! コンテストを開催しましょう。旅行者はそういったことが大好きです。ホテルのベストな写真、ホテルの投稿に対するコメント等、参加者にリワードを提供しましょう! > ホテルのニュースを広めてもらうために、インフルエンサーと提携しましょう。リーチできる多数のフォロワーがついてきます!ホテルのイメージに合うインフルエンサーを数名特定し、ホテルのキャンペーンの一端を担ってもらえるか、積極的に連絡してみましょう。 >… + 詳細はこちら

今日、30億もの人々もがソーシャルメディアを利用しています。 ソーシャルメディアは、新規顧客のエンゲージメントからSEOの検索順位の向上まで、旅行客のリサーチと予約行程においてホテルの販売を促進し、ビジビリティーを向上する素晴らしいツールです。 さらに、モバイルトレンドによりソーシャルメディアはそのパワーを増し、消費者の旅行検索や予約方法を変えています。 では、ホテルはどのようにソーシャルメディアを活用できるでしょうか?以下の記事をお読みください。   どのソーシャルメディアを選ぶべきでしょうか? ソーシャルメディアのチャネルが増え続けている今日、ユーザーが「本来の意味を見失う」のは、いとも簡単です。 以下は、すべてのホテルが検討すべき、B2C向けのソーシャルメディアの上位3位です。 >2017年第3四半期のアクティブユーザー数が20.7億人超*と、1年で16%*の成長を遂げているFacebookから、私たちは逃れることができません。とりわけ、Facebookユーザーの最大の関心事は、外出、飲食、ファッションを抑え、旅行が第一位となっています。ミレニアル世代の87%**が旅行のインスピレーションを求めてFacebookを使用していることを鑑みると、いかなるホテルも、ビジビリティー向上のためにページを作成すべきです。 >ビジュアルコンテンツ(ホテルについて伝えるには最も効果が高い方法の1つであることは間違いありません)に基づくInstagramを使用すれば、ホテルのブランド認知を向上できます。感情に訴えかける写真とビデオがあれば、旅行客が皆様のホテルを予約する可能性が高くなります。「Instagramユーザーの70%が、Instagram上での広告を目にした後、ウェブサイト訪問等何らかのアクションを取っています。」** >3つ目の鍵となるプレーヤーはTwitterです。「Twitterユーザーの66%**が、新たな中小企業をTwitter上で発見したことがあります。それら中小企業から94%**が購入予定で、69%が購入済みとなっています。」Twitterユーザーの30%を構成するアメリカ人に続く上位3位は、日本人、メキシコ人、そしてブラジル人です。毎秒投稿される膨大なツイートの中で一歩秀でるには、キャッチ-かつシェアされやすいツイートを投稿することが必要不可欠です。 リーチしたい顧客と市場により、その他プラットフォームを検討したほうが良いこともあります。例えば、中国市場であれば、大手のWeChatがあげられるでしょう。 また、リソースと予算に応じて、YouTube、SnapChat、PinterestまたはLinkedInのようなその他ソーシャルメディアも積極的に活用しましょう。   どのようなコンテンツを使えるのでしょうか? フォロワーにどのような情報を伝えるべきか迷ったら、旅行者の立場になって、自分だったらどのようなコンテンツを見たいか考えてみましょう。ここで、いくつかのアイディアをご紹介します。 インターネットで最も好まれるコンテンツは、ビデオのアップロードです!例えば、ホテルで開催中のイベントのライブストリーミングをしたり、GIFを作成することができます。 お客様がホテルでの滞在やサービス(スパ、レストラン等)を満喫している瞬間や場面をとらえている、「ライフスタイル」を表す写真を投稿してみましょう。 ホテル所在地のコンテンツや滞在のヒント(旅行者の執筆した記事、ブログ、タイムアウト誌等)をシェアしましょう。 コツ:ユーザーが作成したコンテンツを活用しましょう。無料ですし、検索する必要がありません! エンゲージメントを生み出すにはどうすれば良いでしょうか? ソーシャルメディアで目立つための戦略をいくつかご紹介します。 > Less is more! 簡潔に、写真を使ってポイントを伝えましょう。文章の場合、英語とホテル所在地の現地言語を使いましょう。 > 新規フォロワーの獲得は重要ですが、それと同じくらい重要なのが獲得したフォロワーの維持です。フォロワーのエンゲージメントを高めるには、頻度と一貫性が鍵となります。 Simply MeasuredによるInstagramの調査によると、「ネットワーク上のブランドコンテンツに対するユーザーの受容度がより高くなっており、アクティブなブランドがより多くのエンゲージメントを生み出しています。」 > #ハッシュタグを使いましょう!最低でも1つのハッシュタグを付けている投稿は、平均で12.6%高いエンゲージメントを生み出しています** 。効率を上げるには、大規模なユーザーコミュニティに必ずリーチできるよう、ハッシュタグが十分包括的なものでなくてはなりません。ハッシュタグを作成し、キャンペーンに紐づけましょう。そして、ユーザーが敏感に反応するテーマを使いましょう。ニュースの内容によっては、トレンドとなっているハッシュタグ(#Paris2024、#Diwali、#ChineseNewYear、#MostraVenezia等)、または定期的かつ広範囲で使われているハッシュタグ(#TravelTuesday、#TGIF等)を使うこともできます。 ホテルが一般的に使うハッシュタグとしては以下が挙げられます。 #「ホテル名」#citybreak #resort #hotel #boutiquehotel #destination #pool > 自分たちのストーリーを語りましょう! 「ストーリー」でフォロワーに共有する動画をユーザーが作成できるようになってから、Instagramは飛躍し、モバイルの利用をより活発なものにしています。実際、ストーリーは、ホテルのプロモーション、イベントまたは設備等についてリアルタイムな情報を共有できるパワフルかつ直感的な方法であり、フォロワーにホテルの最新ニュースを伝え続けることが可能です。 > 3, 2, 1, go! コンテストを開催しましょう。旅行者はそういったことが大好きです。ホテルのベストな写真、ホテルの投稿に対するコメント等、参加者にリワードを提供しましょう! > ホテルのニュースを広めてもらうために、インフルエンサーと提携しましょう。リーチできる多数のフォロワーがついてきます!ホテルのイメージに合うインフルエンサーを数名特定し、ホテルのキャンペーンの一端を担ってもらえるか、積極的に連絡してみましょう。 > ソーシャルメディアでディスカウントを提供し直接販売しましょう。 > メンバーが関わっているソーシャルメディアを通じて利用可能な特別レートまたはパッケージをメンバーに提供し、リワードを与えましょう。   成功はどのように測定するのでしょうか? ROIを測定し、ホテルのソーシャルメディア戦略を継続的に改善するために、KPIのモニタリングは必須です。 「いいね!」とシェアの数により、機能している、またはしていない要素や活性化しなくてはならない手段を特定しやすくなるでしょう。 オーディエンスの行動を理解することもまた、ホテルの投稿をするのに最適な曜日と時間を特定し、より多くのエンゲージメントを生み出しやすくします。オーディエンスとの時差が何であれ、「リアルタイム」に旅行者に接続するよう、投稿のスケジュールを決めることも可能です。 より多くのオーディエンスにリーチするには、有料ソーシャルメディアキャンペーンに戦略的に投資することもできます。 次のステップは? ソーシャルメディアに慣れて使い方をマスターしたと感じたら、ステップアップして、それらのチャネルをホテルのオンライン販売構成に組み込んでみましょう! ソーシャルメディアは、その縦割り状態から抜け出し、ホテルのエコシステムに組み込ませる必要があります。メッセージアプリやチャット、ソーシャルメディアベースのコンシェルジュ、ソーシャルアイデンティティとの接続を活用したホテルウェブサイトへのアクセス、ソーシャル広告、ホテルのソーシャルメディア上のリアルタイムでの価格と在庫の表示等、新たなテクノロジーに目を向けてみましょう。   *Source: Facebook 01/11/2017 **Source: Millenials Marketing